「振返り」の大切さ
2018.05.22
今日はとても嬉しいことばかりである。特に「振返りの大切さ」の観点から、モリチュウ社員の成長を感じ取ることができたことは本当に嬉しい。

今日は、株式会社武蔵野の矢島専務の講演会であった。埼玉の武蔵野サポート会員企業の社員が100人以上集まって聞く、年に1回恒例の矢島専務(以下矢島さん)の講演会である。

矢島さんは、講演会の中で数多くの貴重なメッセージを伝えてくれているが、その中の一つに「振返ることの大切さ」がある。モリチュウでもその意を汲んで、講演会やセミナーに行った際には気づき3点をボイスメールで共有することになっている。驚いたことに、午後6時4分までには講演会に参加をした社員全員から気づきのボイスメールが入っていた。講演会は5時に終わっていたので、約1時間以内には全員からボイスメールが入っていたということになる。しかも特別に参加をしてくれた派遣さんからも入っていた。ここまで社員が理解をしていたとは思わなかった。

これは数年前のモリチュウでは考えられないことである。社員がそれだけ成長してくれていると言う事と、「振返り」の大切さを心底感じ取ってくれていると言うことであろう。勿論、嫌々ながら仕方なくやっている社員もいるかもしれないが、まずは形からである。社員への感謝以外の何物でもない。改めて、この原理原則を伝え続けていくこと、そしてそれを社長が率先して垂範していくことを誓った次第である。

ちなみに、矢島さんの繰り返せば上手になる習慣は健在で、それどころかさらにパワーアップしている感じがする。60歳に近づきつつある中、この柔軟性は通常では考えられない。

矢島さんの至宝のメッセージは、今後私そしてモリチュウ社員全員の心の宝石となって輝き続けるはずです。矢島さん、貴重なご講演ありがとうございました。

2018.05.22 21:02 | 固定リンク | 社長のつぶやき
史上最強のチェックリスト(個人編)?
2018.05.21
皆さんの中で、家を出た後「財布を忘れた!」とか言って家に取りに戻ることありませんか。

かく言う私も以前は家を出て車に乗る手前で、「携帯電話忘れた」とか「名刺忘れた」とか言って家に戻る頻度がとても多かった。ときには2回家に戻ることもあった。このロスは、朝の早い時間には非常に大きな負担になるし、それ以上に機嫌が悪くなる。「記憶力低下か?」とか「老化現象か?」などと心配するかもしれないが、決してそうではない。その大きな理由は「朝急いでいて焦っているから」と、「適切な道具がない」からである。

その両方を解決する道具がある。それが「チェックリスト」である。「え、そんなことかよ!」と思うかもしないが、侮るなかれである。

とは言え大それたものでもない。毎日持っていく物をポストイットに書き出し、それを壁に貼り付けておくだけである。そして出がけに一つ一つチェックをする。持っていくものが書いてあるので漏れがない。そして一つづつチェックするので焦らない。そんな簡単なものであるが、それ以降家に戻ることがほとんどなくなり、朝機嫌が悪くなることもない。超簡単で成果が出る。一挙解決、良いではないか!

チェックリスト、恐るべしである。

ちなみに、右側のリストはジムに行くときの持ち物リストである。

2018.05.21 22:32 | 固定リンク | 社長のつぶやき
鋳物師たちへのオマージュ
2018.05.20
鋳物師(いもじ)たちへのオマージュ

川口駅西口の公園にある鋳鉄製のモニュメント。これはフランスパリで活躍する岸田亮二氏の作品である。1992年の製作なのでもう26年も経っている作品、当時モリチュウで制作に関わらせてもらったので大変思い出深い作品である。 

この作品の魅力は、鋳鉄のダイナミックさと素朴さ、そして緻密さが共に伝わってくることであろう。鉄が主成分である鋳鉄は素材そのものが力強い。また、鋳物は一度液体になるのでその流動性を生かした造形が可能であり、このモニュメントのように帽子や軍手、作業着などのリアルな表現も可能になる。

また、これは経年変化による鋳鉄の錆を生かした数少ない作品でもある。鋳鉄は一般的な鉄と違い時間が経っても腐食が進まない。その為いつまでも堅牢さを保つ。素材の特徴を熟知した作家だからこそ創作出来た作品ともいえる。

このモニュメントは、普段目に触れないところで大切な役割を果たしている「鋳物」たちと、それを作る「鋳物師」たちへのオマージュでもある。







2018.05.20 20:55 | 固定リンク | アートシーン

- CafeNote -