塩水で「鼻うがい」がしやすい理由
2018.05.17
もしかしたら・・・? 
「鼻うがい」のことを書いていて恐ろしい疑念が湧き上がってきた。

昨日鼻うがいについて書いたところ、多くの反応があった。特に「鼻うがいアンバサダー」(勝手に森が命名してます)の矢島専務から直接メッセージをいただけたことは大変光栄である(矢島さんありがとうございます)。

矢島専務の返信にもあるように、家内の方が私よりも早く鼻うがいを始めた。それに影響されて、私が鼻うがいを始めたと言っても過言では無い。最近矢島さんは講演の中で、「鼻うがいの話をしても、実際にやってくれる人があまりいないので、強調しない」とお話をされていた。経験者からすると、これは実はもったいないことである。

人も元をたどれば海の生物から進化してきたと言われている。わたしたちの身体を構成するおもな元素は、海水の組成と似ているとも言われている。また、羊水は、海水とほとんど同じとのこと。つまり遺伝子的に、適切な塩分濃度の塩水を抵抗なく受け入れる機能が備わっているということになる。なので鼻から入れても抵抗がない適切な塩分濃度があるという仮説が成り立つということだ。恐るるに足らずである。では何%の塩水が適切なのか。そして湯温は何度が良いのか。これについては実際に実験をしてやってみたいと思う。

と書いていて、ふと思い出した。確か、うちの家内は「私は、普通に水道水でやってるけどね」と言っていた。その時は「そんな強者がいるのか」と妙に感心をしたが、今は別の疑念が沸き起こってきた・・・。

果たして、うちの家内は、人間なのだろうか・・・?

2018.05.17 20:35 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -