切符の整頓
2018.07.06
電車の切符をどこにしまったか分からなくなることってありませんか。

先日新幹線に乗っていて車掌さんが切符の確認をしに来た際に、切符がどこあるか分からなくなってしまった。「あれ、どこの置いたっけ?」と探し始めると逆に焦ってしまい余計に出てこない。いっそのこと、寝たふりをしてしまおうかと思ったりするが、それが悪あがきであることは周知の通りである。結果的ににやにやとバツの悪い笑顔を作りながら、車掌さんに待ってもらうしかない。何とか見つかってホッとするが、同時に不機嫌になる。

これは以前にも書いたことがある「駐車場の券」を無くすのと同じ現象である。駐車場の券に関しては、毎日の行動チェックリストに、「駐車場のチケットを財布の中に入れる」と書いてから探すことがなくなったが、切符の置き場所についてはチェックリストに入れてなかった。なのでこういうことが起きる。

とにかく「置き場を決める」と言うことが重要。置き場を決めておけば探す時間が少なくなり、無駄な時間を取られないし、周りにも迷惑はかからないし(車掌さんの貴重な時間を奪ってしまったことを考えると申し訳ない)、そして何よりも精神的ストレスがない。

今からは、「切符は胸ポケットに入れる」と言うルールにし、毎朝のチェックリストに加えることにしよう。やっぱり整頓だなぁ。
2018.07.06 20:46 | 固定リンク | 環境整備
順番を決めることは「整頓」である2
2018.06.28
(続き)
昨日、ジムに持っていくものの荷物のリストについて書いた。

それで忘れ物はなくなったが、更に工夫をしてみた。それはリストの順番を変えたのである。
どのように変えたかと言うと、当然ジムに行くと着替えるのだが、最初に着るものがカバンの一番上に来るようにリストの順番を変えたのである。つまり「最後に入れるもの」が「最初に使うもの」なので、その順番で入れ替えた。そうするとなんと着替えの時間が今までの半分になった。奥の方に入っている物を取り出した際に、タオルが床に落ちて拾わなくてはいけないなどの現象がなくなった。急いでいる時には着替えの時間がとても重要である。特にエアロビクスは始まってしまうと途中で入ることができないので、絶対に遅刻は許されない。また、ギリギリになってスタジオに入ると、前方しか空いていなかったりして困ってしまう。

単純に並べる順番を変えることだけでこんなに大きな成果が出ると言うのは、整頓が適切にできるとそれだけパワフルな効果を生むと言うことの証明である。

※写真は新しいリスト

2018.06.28 22:31 | 固定リンク | 環境整備
順番を決めることは「整頓」である1
2018.06.27
順番を決めることは「整頓」である

毎週日曜日にジムに行っている。ジムでは軽いウェイトトレーニングと、エアロビクスの初心者コースをに参加している。エアロビクスに参加していると言うと、周りからは「緑のラメのレオタードをしてきて、頭にバンダナを巻いてエクササイズをしている姿」を想像すると言われる。志茂田景樹の様なイメージらしい。ご心配なく。私はいたって普通な格好してやっている。

さて、以前「出かける時に持っていく物リスト」について書いた。その時に写っていた写真の隣に、「ジムにもっていく物のリスト」があることを紹介した。そのリストを見ながらカバンの中に一つひとつ入れていくことで、忘れ物することがゼロになった。この効果は素晴らしい。しかしその後、整頓を進化させたことで新たな発見があった(続く)。

※写真はいままでのリスト

2018.06.27 21:15 | 固定リンク | 環境整備
探す時間は仕事ではない
2018.06.25
「探す時間は仕事ではない」、と社員に伝えている。

そのために環境整備を行い、整理整頓をする。整頓の目的は「探しの排除」である。「探す」というと普通は「モノを探す」ことをイメージする。ごくごく当たり前の話である。そして探す時間が少なくなれば生産性がとても上がるのは当然である。

しかし、最近気がついたことがある。社員がスケジュールを組んで仕事をしていない、つまり行き当たりばったりに仕事をしていると言うことである。となると、次の仕事を探している可能性があるということである。よくある「さて、次に何をやろうかなぁ」って考える瞬間のことである。

スケジュールがきちんと決まっていれば、その仕事が終わったら次に何をやるかはすぐに分かるので、「次、何やろうかなぁ」はあり得ない。また、時間が空いた時にやる仕事を決めておくと言うのも大切であるし、「何もやらない」ということをスケジュールを組ことも大事である。このようにしてスケジュールを組む、特に詳細に組むということは、次にやることを探さないと言う意味で、生産性が上がる秘訣であり、基本中の基本である。

2018.06.25 21:09 | 固定リンク | 環境整備
噂の新幹線のお掃除を観察した。
2018.05.30

今日は午後から関西方面に出張だった。少々駅に早く着いたため電車はまだホームに着いていなかったが、そこには青とピンクの作業着を着た清掃担当の方がビシっと並んでいた。そして各自が全く同じ道具の入った袋を持って待っていた。まさに臨戦態勢である。

さて、ドアが開き清掃が始まった。清掃の工程は次のようであった。
1.椅子の向きを変えながら頭の後ろの白布を取る
2.いすをはく、埃を床に落とす
3.白布を付ける
4.床をはく
5.チェックする

男性と女性がペアになってこの工程を行うが、一緒に行うわけではない。2人でやることによって競争意識を煽っているようにも見える。

目を見張ったのは女性が「椅子の向きを変えながら頭の後ろの白布を取る」流れである。まず手前ニ席の布を取り、さっと椅子を回転させ向きを変える。そうすると奥の白布が手前に来る。そこで最後の布を取る。これにより、本人はほとんど動かずにこの工程を完了することが出来る。正にバレリーナが回転をしながら舞台を横断する様な感じである。

作業が完了するといつのまにか作業者が消えていた。多分最前列か最後尾に移動し、お客様が少ない車両から外に出るルールになっているのだろう。作業開始から9分36秒で完了。いずれにしてもすごい、というか美しい仕組みである。





2018.05.30 23:02 | 固定リンク | 環境整備

- CafeNote -