捨てる
2018.03.08
今日は、焼き鳥屋さんで地元の社長と飲んだ。

彼はとても優秀で仕事も順調である。しかし何となく浮かない顔をしていた。
話を聞くと、「自分の夢」と「目の前の利益」のどちらを取るか悩んでいるという。
もっとよく話を聞くと、やりたいこと、やらなくてはいけないこと、頼まれてしまうことが沢山あり、どうしたら良いか分からないというのである。これはある意味うらやましい悩みで、周囲からの期待が大きいということに他ならない。

そんな彼に話したアドバイス。「大きなイエスの為に、小さなノーをいうことに躊躇してはいけない」。

経営の師匠である小山昇氏は常に言っている。「やらないことを決めなさい!」

平昌オリンピックで金メダルを取った羽生結弦選手はこう語った。
「連覇のためだけに幸せを全部捨てようと思いました。普段のこととか、考え方です。“あ、今この幸せいらない”とか。身近にあるものをすべて捨て去ってきた感じです」

羽生選手は、金メダルのために、沢山のものを捨てた。捨てる勇気が金メダルをもたらしたとも言える。

人生で金メダルを取るには捨てる勇気が必要なのだ。


2018.03.08 23:51 | 固定リンク | 環境整備

- CafeNote -