スケジュールの効用2
2018.06.26
スケジュールを立てると大切なことが分かる。

昨日、スケジュールのことを書いたが、スケジュールを組むともう一つ良いことがわかる。私は30分単位でスケジュールを組むが、そのようにスケジュールを組むと、1日でやり切れないことが分かる。そうなると。他の社員にお願いをせざるを得ない。従って仕事のやり方を伝える「仕組み」を作ることが必要になる。「仕組みを作る」と言う事は、その仕事の流れを明確にすることであり、「どこに注意をするか」、また「ここまで行ったら誰がチェックをするか」ということを決めることでもある。

つまりこれが、昨日長妻さんがコメントをてくれた「業務設計」である。家を建てる時と同様、設計書がないと何も上手く行かない。スケジュールづくりは、そのこと自体が「業務設計」であるが、スケジュールを作ることで「業務設計」が進むというのも明白な真実である。
2018.06.26 22:21 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -