経営計画書紛失事件
2018.10.04
今日、一瞬「経営計画書」を無くした。

今日は、とても忙しくバタバタした。ふとした瞬間「経営計画書」と大事な「メモ帳」が見当たらなくなっていることに気が付いた。さて、どこに置いてしまったか、忘れてしまったか・・・? 打ち合わせを行った2階の応接を見に行っても無い。かばんの中、机の上を探してもない。台所に行ってもない。現場のどこかに置いてきたかと思い、探してみても全く見つからない。

物を無くした時は憂鬱になるが、こと「経営計画書」となるとただ事ではない。なぜなら「経営計画書」を無くすと5万円の罰金というルールがあるからだ。罰金は別名社内募金となり、その総額が年末の忘年会で行われるじゃんけん大会の勝者(一人勝ち)の賞金になるため、社員としては賞金増額のまたとないチャンスになる。なので社員はみなニコニコして私を見ていた。

そんな時、入社4年目に入った女性のIさんが、「社長、ありました・・・」と持ってきてくれた。こんなうれしいことは無い。どこにあったかと言うと・・・私は今かばん代わりにリュックサックを使っており、そのリュックサックを袖机に置いていたのであるが、そのリュックの下に置いてあったらしい。間抜けな話しであるが、どうやら気づかずに経営計画書の上にリュックを置いてしまったということだ。

それにしてもIさんは、私が散々探したにもかかわらず見つからなかった経営計画書をいとも簡単に見つけた。素晴らしい感覚を身に付けていると感心をした。が、本当の所、今日Iさんはウエルカムボードの名前を間違えてしまったというミスをしてしまったので、その「汚名挽回」を狙ったということかもしれない。その時のIさんが「してやったり」という感覚に基づいたドヤ顔を一瞬していたことを私は見逃さなかった。いずれにしても、Iさんの小さなミスは見事帳消しである。

そんなドタバタ劇を繰り返しながら、モリチュウの日々は進んでいる。

2018.10.04 23:01 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -