ベンチマーキング
2018.10.05
本日は、ベンチマーキングに行ってきた。

ベンチマーキングとは、簡単に言えば会社見学である。しかし単なる会社見学ではない。普通は見ることが出来ないところまで見せてくれるプレミアムな会社見学である。なぜそこまで出来るのか・・・それは見学する会社が全て株式会社武蔵野の小山社長から教えてをいただいてる会社の仲間だからである。

今回は埼玉県の白岡にある2社を見学したが、両社ともすごかった。一社目は机の上に書類がない。紙を極力減らす努力をしているため、本当に限られた紙しかなく、とことんペーパーレスが進められているところに感動した。2社目は環境整備を業績アップに結び付けるべく努力をしている姿が非常に明確であり、多くの改善が納得のいく内容であった。そしてその数が半端でない。日々努力をしている社員の姿が伝わってきた。

「多くの改善を進めることが負担ではないか?」と現場の方に聞いてみたところ、「実際に負担はあるが、上司の方が一緒に改善を進めてくれるので、頑張れます。一人で孤独にやっていないということが安心感につながります」とのお話をいただけた。そして、「改善はクレームや不良が起きたときすぐにやらないと、真の原因が分からなくなってしまう。記憶の新しいうちに叩かないと、記憶が薄れてしまい、曖昧な改善になってしまう」というお話もあった。レベルが高い。

このように他社を見ることは、勉強にもなり、刺激にもなる。そして危機感にもつながる。今日は間違いなく危機感を感じたベンチマーキングであり、同時に闘志を掻き立てられるベンチマーキングでもあった。次回はモリチュウが見学を受け入れる番である。負けてられない!

2018.10.05 21:00 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -