ザ・グレイテスト・ショーマン
2018.05.13
日曜日はアートシーン

今日は最近大ヒットしている映画、「ザ・グレイテスト・ショーマン」について書きたいと思う。

かなり多くの人たちが既に観ていると思うが、素晴らしい音楽とダンスが織りなすエンターテイメント性の高さに加え、高い夢を持ち続けることの大切さなど、様々なメッセージを投げかけてくる、非常に感動的な作品である。

そのメッセージの一つに「アートのあり方」についての投げかけがある。当時主流だったクラシック音楽やバレエなどが真の芸術であり、それらは「高貴な人達の楽しみである」と言うのが片方の見方。それに対して、様々な特長(というかユニークさ)で対抗したのがビーティバーナムの、見世物小屋である。そこで、人はそれぞれ違っており、それが良さがあり、その人の価値であると言うヒューマニズム的主張を投げかけている。

要するに、「芸術は何のために、だれの為にあるのか」という問いかけである。これに対する答えを、バーナムは映画の最後で語っている。

The noblest art is that of making others happy. P.T.Barnam
(最も高貴な芸術は他人を幸せにすることである。ピーティーバーナム)

芸術は「グレートギャッツビー」や「肩をすくめるアトラス」とかに出てくる鼻持ちならないえせ高貴な人達の優越感を満たす道具ではない。クラシックであろうと、見世物小屋であろうと、純粋に人を幸せにするものが、真の芸術であると言っている。

私はこの考え方に全幅の賛意を表明したい。


2018.05.13 21:48 | 固定リンク | アートシーン
人生最大最深の真理
2018.05.12
絶対的真理は決して色褪せることなく後世に語り継がれていく。

「場を清め、時を守り、礼を正す」、という幸町小学校の校長先生のお話を先日書いた。昨日は「眼に見えるものさえ正せない程度で、刻々と転変して止まぬ心の洞察などできようはずはない」という日めくりカレンダーの言葉を紹介した。振返ってみると、この両方とも哲学者であり教育者である森信三氏の言葉であった。

その森信三氏の言葉で最も有名なのは「人生二度なし」である。そして、そのあとに「これ人生の最大最深の真理なり」と続く。

「人生二度なし」は、言ってみれば当たり前のことである。そしてそれは「最深の真理」であることも論を待たない。しかしあまりにも当たり前すぎるせいか、それを常日頃から意識をして行動することは意外と少ない。人生は時の積み重ねである。そして限りあることも真理である。そうなると今日一日、もっというと今この瞬間をどう生きるかが一生を決めることになる。

「自分がどのような一生を過ごしたいか」、心の声を聞くと、些末なことにブツブツ文句を言っている暇などない。理想的な「ありたい自分」に向かって意識的に行動するのみである。これも最深の真理であると言えるのではないだろうか。



2018.05.12 22:58 | 固定リンク | 社長のつぶやき
伝えたい事を伝える「日めくりカレンダー」
2018.05.11
モリチュウにはオリジナルの日めくりカレンダーがある。

日めくりカレンダーと言っても、その内容は私が様々なところで学んで来た名言を書いているものである。それを事務所やトイレに置く。男子の場合は、小便をすると目の前に来るようにしている。それでもモリチュウの優秀な社員は読まない。そこで、毎日朝礼で日めくりカレンダーを解説することにした。もう、かれこれ一年くらいになるだろうか。多分社員は同じことを10回くらいは聞いているはずである。

今日は、「眼に見えるものさえ正せない程度で、刻々と転変して止まぬ心の洞察などできようはずはない」という哲学者であり教育者である森信三氏の言葉である。

ビジネスの世界は人とのつながりで成り立っている。お客様がいたり、社員がいたり、上司、部下がいたり、協力会社の方々がいたり、全て人が介在する。そして人と人の間のやり取りをスムーズに行うためには、その人たちがどのように考え、何を感じているかを敏感に感じ取る洞察力が求められる。それを育む術が「眼に見える物を正す」行為であり、それさえできない人に成果は期待出来ないと言っているのである。要するにKY(空気読めない)では困るのである。

先日幸町小学校の校長先生のところで書いたが、場を清めると気づきのレベルが上がるという。つまり洞察力が上がるということである。正にこれが弊社が整理整頓にこだわり、それを続ける究極の理由である。

2018.05.11 17:06 | 固定リンク | 環境整備

- CafeNote -