奇跡の社員(10)
2018.09.05
飛行機が成田に着陸し、荷物をピックアップ、通関を通り帰りのスカイライナーに乗ったところで、現地スタッフのKからウィチャット(LINEのようなもの)が届いた。翌日、つまり3月12日に「飛行機が飛ぶことになった」とのことである。本来であれば歓喜すべきところだが、心身共に疲れ果てていた私は「良かった」と息をつくのが精一杯だった。

結局チャーター便は、大連から直接羽田(東京女子医大は東京なので羽田に着陸する予定になっていた)には飛ばず、青島を経由して羽田に飛ぶことになった。何故こんなことになったのか?正確には分からないが、聞いた様々な情報から考えられるのは、北朝鮮の存在・・・その頃北朝鮮は、日本海に向かってたびたびミサイル発射実験を行っていた。

通常、成田から大連への飛行ルートは一部北朝鮮の上空を通る。当然であるがチャーター便も同じルートを通ると思われる。しかし、普段運航している飛行機ならいざ知らず、通常のスケジュールに入っていない飛行機が上空を飛んだ際に、もしかしたら怪しい物体と勘違いされ最悪ミサイルが飛ばされる可能性がある。もしチャーター機が爆撃されたら当然最悪の事態であるが、仮にミサイルが当たらなかったとしても、発射しただけで、間違いなく国際問題に発展する。下手すると戦争になる。飛行機が飛ばない理由を聞いていた際に「外交上の問題で・・・」と確かに言っていた。後から考えれば「なるほど」ではあるが、その時は詐欺の口実としか捉えていなかったのでまともに聞いていなかった・・・。

地図をよく見てみると、先ほど書いたように大連から東京を直線で結ぶと北朝鮮上空を通るが、青島からだと通らない。実は、今回の移送計画は、国際的な問題をも巻き込んでいたのである。

移送を計画してくれた人たちは最悪の事態を避けるために必死に飛行ルートの検証をしてくれていたのであろう、その為に時間がかかっていた。「振込詐欺」だなんて疑ったのは本当に申し訳なかったと思う。けど、もう少し詳しい状況を教えてくれてもいいのに・・・とも正直思った。
2018.09.05 21:14 | 固定リンク | 社長のつぶやき
奇跡の社員(9)
2018.09.04
日本側の受入病院もみつかり、支払いも完了し、全ての段取りが終了した。やっとの事で、Hを日本に帰せる、と思って一安心したが、ここでもう一つ、とてつもなく大きな問題がでた。

なんと「飛行機が飛ばない」との連絡が入った。天候は問題ない。理由は分からない。なぜ?・・・。お金は振り込んでいる、理由も分からす飛行機が飛ばない・・・。「まさか」とは思ったが、よからぬ事を想像せざるを得ない状況だ。急いでいた為、相手の会社に行ったわけではない。業者の相手とは携帯でのやりとり。そして飛行機が飛ばないという連絡があった以降、電話が通じない・・・。冷静に考えて「振り込め詐欺・・・」。疑うに十分な状況だ。「オレ、やっちゃったかも・・・?」。完全に力が抜けた。

金曜日の午後2時以降、全く動きが無くそのまま夕方になり、その日はホテルに戻った。Hの家族にもどのように説明していいか分からない。悶々とした一夜を過ごす。

翌日の朝、つまり私の帰国日になっても状況は変わらない。土曜日ではあったが領事館に電話をして状況を伝え、確認したが、担当者は「良く使われている会社なので大丈夫だろう」とのこと。その後「もし何かあればまた連絡してください」とのこと。この言葉は、切羽詰まった状態の私には非常に嬉しかった。

そうは言ったものの、チャーター機は飛ばない。そんな状態の中、帰りのフライトの時間が近づく。あとは現地スタッフのKに対応を委ねるしかないと腹をくくり、割り切れない状況のままで奥様とともに帰国した。
2018.09.04 21:04 | 固定リンク | 社長のつぶやき
奇跡の社員(8)
2018.09.03
日本で受入れる病院が見つからない限り、チャーター機は飛ばせない。その状況で多額の費用を振り込むのはリスクが伴う。一度振り込んだお金を返してもらえるか分からない。ましてや海外となるとそのリスクは高まる。なんとしても受入れ病院を早く見つけてもらわないと・・・。受入れ病院はHの親戚が必死になって探していた。

2017年3月10日金曜日、午後2時。受入れ病院が決まったとの連絡が入った。様々な情報網を駆使して探した結果、東京女子医科大学病院が受入れ承諾してくれたのだ。「間違いないですね!」と確認をし、その後即「すぐに送金しろ!」との指示を会社に連絡。その後「送金画面を写真に撮ってすぐにメール!」と指示、それをチャーター機を手配する会社にメール転送。相手から確認OKの連絡が来て、移送が具体的にスタートをした。下準備は出来ていたので準備完了後、本人を移送するだけとなった。

実は、ここに一つのドラマがあったのが理解できるだろうか。電子送金が可能なのは午後3時まで。受入れ病院が決まったのが金曜日の午後2時。翌日は土曜日なので送金は不可。このタイミングを逃すと、月曜日の送金になってしまう。戦っている相手は進行性の病気(しかもものすごく早い)。この間に容体悪化も当然考えられる。そして私の帰国予定は3月11日土曜日。現場指示が出来なくなる。もし受入れ病院の決定が2時間遅れていたら、また違った展開になっていたかもしれないのである。

そう言う意味では、金曜日の午後2時というのはギリギリのタイミングだったのである。極度の緊張感・・・さすがに私もヘトヘトだった・・・が更にこの後トラブルが発生するのである。
2018.09.03 21:47 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -