奇跡の社員(2)
2018.08.27
実は社員Hは、1回目に病院に行った後、自分でも異常を感じ翌日の飛行機で日本に帰ってくるつもりだった。事前に「足が痛いので急きょ帰国する」と連絡が入っていた。正直「行ったばかりでまったく・・・」と思いつつ「しょうがない」と許可をしたのである・・・が、翌日まではもたなかったのである。

入院をした翌日弊社の現地スタッフのK(中国人)に連絡をしどんな様子か聞いてみた。彼は「あまり良くないです」と言う。「あまり良くないとはどういうことか・・・?」と聞いてみると、「社長もすぐに来た方が良いです」とのこと。「そんなにひどいのか・・・」と聞くと「そうです、命が危ないです」と言う。

そこで私は師匠の小山さんに事の事情を相談した。小山さんの答えは「すぐに現地に飛べ」とのことであった。そしてHの奥様と連絡を取り、奥様とすぐに動ける娘さん、そして私の飛行機のチケットを即手配した。娘さんは即中国入り、私と奥様は翌日、中国に飛んだ。

Kは、私たちを飛行場で迎えに来ていて、合流後、即病院に向かった。その時すでにHはICUに入っており生死の縁をさまよっていた。ICUに入っているため勿論中には入れず。状況が確認できない。ICU前の待合で無為な時間が過ぎていく。夕方一度看護士とベッドの上の本人が出てきたが、本人は多少話は出来るが麻酔でほぼ意識朦朧状態である。それもそのはず、急性壊死性筋膜炎の場合デブリーマンという過酷な治療をするしかなく、その痛みを抑えるためには強い痛み止めを服用するしかない。そんな中、今回の炎症を起こしている細菌に効く抗生物質を試す治療が続けられるのである。そして、看護師との会話も中国語なので、細かいところまで分からない。出てきても話せる時間は5分程度。訪中初日を終える前に、「これは大変なことになった」と正に途方にくれたのである(続く)。
2018.08.27 21:19 | 固定リンク | 社長のつぶやき
お魚さん
2018.08.26
日曜日はアートシーン

この壁面の装飾は、あるホテルの壁にかかっていた物である。海辺だったので魚をモチーフにした作家の作品であろう。白い壁に、なんともユーモラスな表情をしながら小魚たちが群れている様子は、非常にインパクトがある。そして部分的に尾びれと体が重なっている部分があり、レリーフ全体に奥行き感を出す工夫をしている。

製作方法はアルミ鋳造である。壁面に付けるので軽量化が求められるので当然の選択となる。そして表面をバフ研磨で磨きをかけている。この光沢を出すにはAC7Aという材質でないといけない。

拡大をした写真をよく見ると、目の部分や口の先は意外とラフな仕上がりになっている。実は丁寧に仕上げしぎると全体のエネルギーが失われ、レリーフ全体の強さと手作り感が失われてしまい、作品に勢いがなくなる。適度にラフな感じが実は味なのであるが、日本でこの感覚は伝わりにくい(手を抜いていると勘違いされる)。

今度、自宅用に一つ作ってみたいと思った。



2018.08.26 21:11 | 固定リンク | アートシーン
奇跡の社員(1)
2018.08.24
昨年の2月に中国に出張をしたモリチュウの幹部が、現地で病に倒れ緊急入院をした。この話は師匠である小山昇さんの「数字は人格」という本でも紹介されている。いずれどこかでこの話をしっかりまとめておかないといけないと感じていた。今日はある宴席でこの話が出たので、しばらくこの件について書いていきたいと思う。

事の起こりは2017年2月のことである。現地(中国大連)に協力会社の定期訪問目的で出張をした弊社部長のHは、現地に着いて直ぐに足の様子がおかしくなり、付き合いの深い現地のエイジェントのO社長に電話、病院に連れて行ってもらった。足の痛みで病院に行くのだから余程のことであったのだろうが、本人は時々出る持病の通風だろうと思い、痛風の薬をもらって帰ってきた。だが、その日の夜に容態が急激に悪化し、上記の通りエイジェントの社長を再度呼び出した。

O社長が部屋に行くと、本人は顔面蒼白、そして足がはれているためズボンが上まで持ち上げられない状態となっていた。その時のHは、体の急激な変化から来るショックの為か、ほぼ呼吸困難に近い状態であった(O社長談)。昼の時に比べ、あまりにも急な変化にO社長も驚き、即救急車を呼び病院へ搬送をした。その際、O社長は「ここの病院に連れて行ってほしい」と大連大学附属中山医院(大連鉄路医院)を指名をした。O社長は外国人が病気になるとこの病院に行くことが多いことを知っており、指名したのであるが、実はこれが後に効を奏することになる(続く)。
2018.08.24 21:16 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -