日中品質ミーテイング
2018.03.30
日中品質ミーテイング

モリチュウは中国との貿易をずいぶん前から行っている。輸入が殆どである。

中国から輸入をする際に、いつも問題になるのが品質である。
よく聞く声が
「最初はいいんだけど、量産になるととたんに品質が落ちる」
「勝手に仕様を変えてくる」
「納品数量を守らない」などといったことである

弊社の場合はどうか・・・というと、やはり実際には同じようなことが起こっている。
しかし、他社に比べると品質レベルは大分良いのではないだろうか。その秘訣は何かというと、ひとつは、今お付き合いをしているビジネスパートナーの存在と、大連に駐在している優秀な自社スタッフのおかげである。

もう一つは日中品質ミーティングである。このミーティングは月に一回開催をしているが、前月に発生した不良の内容を一つ一つ丁寧に検証し、再発を防ぐ取り組みである。つまり、現象→原因→対策の流れで検討し、そして2か月後に同じ現象が発生していなければ「対策が効いた」と判断をする。同じ現象が続くとなると対策が間違っているか、行っていないかなので、そこをしっかり確認していく。3か月後に同じ問題が起こった場合は、「そういえば同じことがあったよね」ということになり、再度現象→原因→結果のプロセスがを踏む。かなりしつこく行っていくが、これで大分不良が減った。

時にはかなり激しい口調でやりあうこともあるが、お互いの立場を主張しあうことは中国側からすると当然のことであり、言うことで伝わり理解される。そのあたりの大陸的思考は慣れないときついが、ここが出来ないと誤解が生まれる。ここも不良削減の秘訣か・・・。

そして、最後の秘訣は社長の定期訪問である。来週から中国。言うべきことは言い、そして乾杯(カンペー)でWin-Winを目指すのである。
2018.03.30 18:47 | 固定リンク | 社長のつぶやき
IQ点検
2018.03.29
今日朝一番の仕事はIQ 点検である。

IQとは、一般的には「知能指数」だが、モリチュウではinformationの”I “とquality の”Q”を取ってIQ点検と呼んでいる。つまり品質と情報の点検である。ではどのような事をやっているかというと、作業手順書を見て作業しているかとか、検査機器は公正されているかとか、パソコンのゴミ箱にゴミが溜まってないかなどと言ったことである。点検項目が決まっておりそれを担当の社員(今日は三人)が同行して行う。これは今年から始めたことだが、思った以上に効果がある。

実はきっかけは、ISOの審査で観察事項になった事を改善し継続する必要があり、それを実行するにはどうしたら良いかと考えた結果、このIQ点検にたどり着いたのである。
毎月チェックが入るので少しづつではあるが前進している。まだまだ稚拙なところかもあるが継続していくとどんどん良くなっていく手応えを感じている。

終わった後はいわゆる環境整備点検と同様、同行した社員がコメントをする。そして、社長からの全体総括と次回社長課題が出される。現場を見て出来ていない事を課題にするので社員も納得する。但し多くても二個。まさにこれがPDCA。社員と会社が成長が楽しみである。
2018.03.29 21:43 | 固定リンク | 環境整備
PDCA
2018.03.28
本日も引き続き来期経営計画書の見直し。

幹部と一緒に行って来ているが、経営計画書に書かれている内容が、
・どの様に具体的に実行されているか
・どの様にチェックされているか
・チェック後どの様な動きをしているか(つまり、チェックのしっぱなしになっていないか)
を見ていかないと、絵に描いた餅となってしまう。
つまり、「PDCAをしっかり回せ」ということだが、これが結構難しい。
特に、P、つまりPLANの解釈が難しい。例えば「スピード対応を行う」という方針があったとする。そして、「そのPLANは何ですか」と聞かれると、どの様に答えていいか分からなくなる。この場合Cも難題だ。「スピード対応をチェック」する方法は…?。かと言ってスピード対応は重要なので計画書には入れたい…と悩むのである。

出来るだけ具体的な内容であれば良いのだが、経営計画書なのでどういても理念、概念的文言も出できてしまう。そこで、「スピード対応」が出来ている状態を定義し直さなくてはならない。それが出来るとPDCAを回しやすくなる。

抽象的な表現では解釈に幅が出てしまう。「つまり数字で言えば、こういうこと」と表現出来ると社員が動きやすくなるやすくなる。つまり翻訳が必要なのだ。

そんなことに気づかされ、自分の曖昧さを自覚した一日だった。
2018.03.28 21:37 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -