Siri
2018.08.20
皆さんSiriはすでに知っていると思う。

i-phoneに話しかけると、言葉を理解して答えてくれるかわいい奴である。’Hi Siri’と話しかけると「はい」、素直に答える。ところが、日本語やほかの国の言葉を理解するだけでなく、音楽もしっかりと聞くことが出来る。

今年の夏、息子と飲食店に入った時にBGMが流れていた。その時息子が「この曲いいなぁ、なんだろう」と言って、Siriに「この曲を教えてください」と話しかけその天井にI-Phoneを向けBGMを聞かせたところ、見事にその曲を表示した。そしてその曲を再生すると、全く同じ曲であることが分かった。

そして、先日運転をしながら珍しくNHK-FMを聞いていたらとても素晴らしい交響曲が流れてきたので「お、これはいいなぁ」と思い、MCの曲紹介を聞いていた。しかし、ベートーベンの曲でクリーブランド管弦楽団ということは分かったが、詳細は分からなかった。そこで曲の途中でSiriに「この曲を教えてください」と伝えラジオから流れてくる曲を聞かせたところしばらく考えたあと「歌曲フィデリオ OP72」と答えた。これだけではそれ程驚かないが、「クリーブランド管弦楽団」という演奏楽団まで言い当てたのである。きっと、ベートーベンの曲であるし、「歌曲フィデリオ OP72」は他の楽団も演奏をしているのではないか。その中で、演奏楽団まで正確に聞き分けられることに驚いた。これもAIの進歩なのだろうがいずれにしてもその進歩の度合いはすごいと改めて感じたシーンであった。

先日また分からない曲があったので、「この曲を教えてください」と私が歌ってみたところ、「これはわかりそうにありません」との答え。確かにSiriの進歩は目覚ましいが、「まだまだだな」と思った。


2018.08.20 22:23 | 固定リンク | 社長のつぶやき
レオナール・フジタ
2018.08.19
レオナール・フジタこと藤田嗣治の没後50年を期して「藤田嗣治展」が東京都美術館で開催されている。

実は今から12年前に没後120年を期して東京国立近代美術館でやはり藤田展が開かれていた。その時私は観に行っており、「カフェ」のポスターを購入した。そのポスターは今でも家の壁に飾ってある。

藤田は1920年代にフランスのエコールド・パリ(パリ派)の活動に参加をしている。そこで独自の画風に磨きをかけていったようである。エコールド・パリの活動ではボヘミアン的生活が主であったらしく、自由な表現を追求する時代背景の表れなのであろう。

フランスに渡った藤田ではあるが、やはり根は日本人である。その画風には和の要素がにじみ出てくる。特に藤田の絵の特徴である「乳白色の肌」と「輪郭」を描く画法は当時のヨーロッパの画壇ではセンセーショナルであったはずだが、これは浮世絵からの影響であることは間違いない。そして影を強調することなく立体感を表現する方法も浮世絵から来ているのだと思われる。

また、藤田の画題は独特の表情の少女が有名であるが、同時に「猫」も有名である。この猫の動きはリアルでその描写と表情は本当に「見事」としかいいようがないが、そこには鳥獣戯画の影響があるように思えてならない。

晩年はフランスに帰化した藤田だが、日本をこよなく愛した画家である。開催中のポスターにはこのような文字が飾っている。「私は世界に日本人として生きたいと願う」。第二次世界大戦の時は戦争画家とし従軍をし、その時の絵も残している。このような藤田の思いを理解しつつ作品を見るとまた面白いはずである。

※開催中の藤田嗣治展のガイドブックは「株式会社本村様」で製本されていました。

2018.08.19 22:31 | 固定リンク | アートシーン
H君の旅
2018.08.18
今日、我が社の社員であるH君が岡山に行った。

彼は模型が大好きで、わざわざ新幹線とローカル線を乗り継いて岡山にある模型屋さんに行くとのことである。何でそんなことを知っているかと言うと、昨日恒例の「社長飲み会」があり、その場で嬉しそうに話をしていたからである。H君はどちらかと言うと人との接する仕事より現場で黙々と働くことが好きなタイプである。決して外にどんそん出ていくタイプではない。しかし、今回は思い切って遠くまで一泊で行くことを決意したという。

なぜ、思い切った決断が出来たのか。もちろん趣味の模型のことでどうしても行きたかったというのもあるが、実際に行動に移せたその背景を自らが語ってくれた。「行きたいなぁと思っていたんですが、遠いしと思ってちょっとだけ躊躇したんです。でも以前にもっと遠くに行った経験があったので、ちょっとまぁ大丈夫だと思って、行くことにしちゃいました」。

少し背伸びをした経験をすると、以前は大変だ、ムリだ思っていたことが簡単に見えてくる。そしてそのことが自信につながり、更に積極性を増すことになる。自分の未知の世界は怖いので躊躇するが、それに対し挑戦をする人が、経験という財産を得て自己成長をしていく。社員には少し背伸びをした経験をさせ、受入れの許容量を増やすようにしていかなくてはいけないと思った。そしてチャンスは与えるが、それを受け入れるかは社員自身の決断。「頼まれごとは試されごと」の精神が明暗を分けるのである。
2018.08.18 19:56 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -