イチロー
2019.03.22
昨日、マリナーズのイチローが引退をした。

イチローと言えばその野球人生での輝かしい記録は誰しもが知るところではあるが、同時にそのベースとなっている、試合前のルーチンが有名である。

ルーチンとは「日課」とも訳されるが、毎日同じことをやり続けることである。昨日の引退試合では、テレビ中継の中で、プロ経験者である、江川、長谷川、岩村などがゲスト解説者として登場していたが、全員が言っていたことは、「あのルーチンをイチロー選手程徹底できない」ということである。

同じ日課や習慣を徹底しきる。つまりストイックであると言うこと。例えば毎日朝5時に起きると決めたら、30年間1日も遅れることなく5時に起き続けるということ・・・強靭な意思が求められるが、ある意味変人でもある。

「徹底」とは「他人が異常と思える位に行うこと」と、経営の師匠の小山昇さんは言っている。環境整備の伝道師である矢島茂人さんはそれを「変態」と言う。しかし徹底する、つまりストイックになり変態になり、周りから異常と思われるくらいに成果が出ることを繰り返し行動し、習慣化すると「一流」になれる・・・ということ。

良いと分かっていても、同じことを繰り返すのは難しい。最大の敵は自分、あるいは自分の甘さである。もっと徹底し、もっと変人になる。そうなって初めて一流になり得る。

「いちりゅう」・・・「いちろう」。なるほど、何となく、トーンも似ているじゃないか。
2019.03.22 22:50 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -