ユーチューバー
2019.04.15
「ユーチューバー」という言葉は、今や完全に市民権を得たと言ってよいだろう。

念のために簡単に説明をしておくと、いわゆるYouTubeを使って、不特定多数の人にメッセージやパフォーマンスを届けている人たちである。そのフォローワーの数が人気指数であり、同時にその稼ぎも話題になっている

新しいスタイルの芸能人とも言える存在であるが、いわゆる芸能人とは違い、もっと身近な存在に感じる。そして、今の若い人たちには大人気で、ウチの若い社員に聞いたら、みんな見ているとのこと。Youtubeはすでにテレビの代わりになっているとも言える。

「ユーチューバ―の魅力は?」と若者の一人である娘に聞いてみたら、「ある意味バカなことを真剣にやっているところに共感してる」とのこと。「上っ面だけのテレビの世界とは全然違う」とのことである(この話題で娘との会話が成り立ったことは、別の意味で嬉しい)。そういえば確か、「ももいろクローバーZ」もがむしゃらに一生懸命頑張る姿が魅力だ・・・とか聞いたことがある。

汗水流して真剣に頑張る姿に共感する・・・うん、今の若い人たちも「まんざら捨てたもんじゃない」と感じるとともに、どんどんと変わる情報の伝え方については、若い人から学ばないといけないと感じた。
2019.04.15 21:44 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -