ネーミング(例えばアミチュウ)
2019.04.16
以前、モリチュウのステンレス網「アミチュウ」を紹介したことがあった。
この網は蓄熱性もよく、焼き目もくっきりである。同じ食材であればおいしく焼けるという焼肉屋さんの証言もあるくらいである。

さて、このアミチュウのネーミングであるが、単純にモリチュウのアミだから「アミチュウ」なのであるが、これはモリチュウの社員の投票で決まったものである。実は最初、私は「えーこんな名前?」と正直思った。しかし多数決なのでしょうがなくこの名前にした。まぁ昔の演歌歌手ではないが、売れなかったら名前を変えればいいくらいに思っていた。

しかし、このネーミング、意外と受けがいい。まずは何と言っても覚えやすい。そしてなんとなくユーモラスでもあり、名前の由来も冒頭のようにモリチュウのアミチュウであるため、皆さん納得がいく。

ネーミングとは不思議である。最初は違和感を感じてた「アミチュウ」も、慣れると「そんなもんか」になる。今後はユーチューバーならぬ「アミチュウバー」として、夜な夜な焼肉屋さんに行き、普通のアミとアミチュウと焼き比べをし、その模様をYoutubeにアップするということも企画中(?)である。ちなみに、この持ち込みのアミを「マイアミ」という。

平成から令和に代わる。昭和から平成に変わったときも、最初何か間が抜けた感じの印象であったが今は普通になっている。逆に令和はまだ馴染まないが、すぐに受け入れられていき、いつの間にか馴染んでくるのであろう。

これは自然なことでもあり、実は怖い事でもある。
2019.04.16 21:50 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -