自分のこと
2019.04.23
本日、面白いことを教えてもらった。

今日は武蔵野様の勉強会でEGIJの賀川社長とご一緒だったのであるが、「以前の森と雰囲気が変わった」とのお話をいただいた。

以前、EGについて少々書いたことがあるが、EGとはエマジェネティクスの略で人の思考特性と行動特性を非常に分かりやすく解説できるツールである。そして「落ち着きがなく何をやっても中途半端であった」と、自分の過去を振り返ると確かにそう思えるのであるが、今は落ち着いて見えると言われた。そしてそれは正に思い当たることである。

自分自身のことは自分自身では見えない。更に自分の過去と現在を比較し、それを自分で把握することはほぼ不可能である。しかし客観的データがあれば、事実に基づいて感情論ではなく把握が出来る。EGは100問の質問に答え、その答えに基づいて思考特性と行動特性が示される。自分で答えた内容だから事実に基づいていることは間違いなく、疑いようがない。

繰り返すが、自分自身は自分で見えない。更に、他人はその人の眼鏡を通して自分をみている。そういう意味では、真の客観は実はないのであるが、それでもより客観性の高いデータに基づいて自分のことについて、自分と自分以外の人が話せることは、(真の客観性がほぼ不可能であるからこそ)貴重である。

確実に言える大切な視点は、自分で自分は見えないということを知ることである。鏡に映る自分でさえ、人からは逆に見えているのである。
2019.04.23 22:44 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -