今どきのローラースルーゴーゴー事情
2019.09.29
久々にアメリカ出張であった。行先はロサンゼルス。

皆さんはLAのBirdと聞いて、何のことか分かるだろうか。もし知っているという人がいたら、さすが!としか言いようがない。Birdは今LA市内で見ることができる電動ライドシェアリングである。と言ってもやや分かりにくい。これは「電動ライド」と「シェアリング」がくっついた言葉である。

まず、「電動ライド」であるが、いわゆる電動の乗り物で、電気モーターで動くキックボードである。私の世代であれば「電動モーターで動くローラースルーゴーゴー」と言えばイメージできるのではないだろうか。そして「シェアリング」であるが、これは最近「カーシェアリング」と言う言葉が市民権を得ているのでほぼイメージできると思う。なので、この電動キックボードは個人の持ち物ではない。そしてこの電動キックボードは道の適当なところに置かれていて、どこにあるかは、スマホでチェックできるらしい。なのでカーシェアリングの様にどこかの駐車場に行くというイメージよりは、「ちょっと歩くのが疲れたので、Bird探そう」ってスマホで探し一番近くにあるのを見つけてそこで乗ればいい、ということになる。

その後はQRコードを読み込んで、運転免許書のバーコードを入れてなどらしいが、実際に乗ってはいないの詳しいことは分からない。また、アメリカの免許証が必要なので、日本から行った場合は実際に使うのは難しいかもしれない。ただ友人がアメリカの免許証を持っていれば大丈夫とのこと。なんともである。

実は、この電動キックボードのシェアリングは、LAだけではなく、パリなどでも広まっており、世界的な広がりをしつつある。そして日本でも動き始めていて、地元埼玉でも美園周辺で電動キックボードを使ったモビリティ実証実験が行われている。電動バイクはキックボードタイプも含め中国でも当たり前になっている。

移動手段の電動化と多様化、そしてインターネットとの融合がますます進むのは間違いない。時代はどんどん変わっていく。それもすごいスピードで。

2019.09.29 21:34 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -