鳥越祭
2020.06.07
今日は鳥越祭であった・・・本来であれば。

都内随一の重さを誇る千貫神輿が街を練り歩くこの勇壮なお祭りも、今年は当然の如く、コロナの関係で神事のみとなり、神輿はなかった。考えてみれば、神輿は強者たちが我こそはと群がる状況、汗や唾が飛び交う三密の最たるもので、中止は当然である。

毎年鳥越祭に行く。なぜなら私達の仲人が鳥越の地元にいらっしゃり、お祭りの日にお呼ばれしているからである。今年はお祭りがなかったので食事会はなかったが、毎年恒例なのでご挨拶に伺った。

ひょんなご縁で仲人をお願いし、その後、25年以上の長きに亘りずっとお付き合いをさせて頂いている。そして武蔵野の矢島専務にご縁の大切さを体に染み込むまで教えていただいたお陰で今年もご挨拶に伺えた。清々しい気持である。

今晩はビールを飲みつつ、いただいた絶品の茶飯を食べながら、鳥越の神輿をYouTubeで見ての食事。来年こそは、鳥越祭を楽しみたいと思う。

ちなみに、仲人さんのお店は菓匠「栄久堂」さん。是非お立ち寄りください!
2020.06.07 21:09 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -