E話
2019.03.19
「努力する人は理想を語り、怠ける人は不満を語る」という。

いつも出来ない理由ばかり言う人がいる。
いつも言い訳ばかりする人がいる。
そういう人はいつも不満を言う。
私はこういう人が嫌いである。話もしたくない。なぜなら、チャンスが逃げていくからである。

今日はとても指折りな「E話」を聞いてきた。
これは、ひょうんなところからつながったとても面白いご縁の賜物である。

常に問題解決や理想を考えているとアンテナが立つ。
そしてひょんなところから「ご縁」という電波がやってくる。
それをキャッチして、問題解決のヒントになったり、あるいは、理想に近づくシーズが見つかったりする。
そして行動する。

「〇〇だから出来ない」といつも考える人には「ご縁の電波」はひっかからない。
「どうすれば出来るか」といつも考える人には「ご縁の電波」に敏感に反応する。

同じ電波をどうとらえるか・・・それを決めるのは自分自身である。
2019.03.19 21:13 | 固定リンク | 社長のつぶやき
トイレ
2019.03.18
久々のブログである。
なので今日は高尚なテーマで行く。

久々に家族でプチ旅行をした。娘の就職が決まったのでそのお祝いである。
旅行の中身はさておき、話の主題はその帰りに寄ったパーキングエリアのトイレでの出来事である。

私がトイレに行こうと歩いて行くと、なぜかカミさんが、着いてきた。そして男子トイレに入る手前で何も言わず踵を返して戻っていった。どうやら男女のトイレを間違えたらしい。しかし、「私は誰、ここはどこ」的な態度で出て行った。「一体何をやってんだ」と思って途方に暮れて、私はトイレに入った。

小便をしようとしてトイレの前に立ち、「いざ」と思い出そうと思ったら出てこない。「あれ、あれ?」と思ってまさぐったが、やはり出てこない。確認をしてみると、パンツに窓がついているはずがついていない・・・どうやらパンツの後ろと前を逆さに履いていたようである。

後に窓があるか確かめようと思ったが、手が後ろに回らない、それ以上まさぐっていると怪しい人に思われるので途中でやめた。

さてこのことは私に何を伝えようとしているのか。要するに、パンツを履くときは確認しろと言うことが・・・パンツに関して言えば、女性の方が有利であると感じた。久々復活のブログにふさわしい高尚な内容であること間違いない。
2019.03.18 21:48 | 固定リンク | 社長のつぶやき
まず初めに健体ありき
2019.03.01
今日は3月1日である。モリチュウには日めくりカレンダーがあるが、1日は「まず初めに健体ありき」である。
何をするにも健康でなくては何も出来ない。これは自明の理である。

今、「営業の神様」と言う本を読んでいる。ジョー・ジラードという人の書いた本であるが、サブタイトルは「伝説の営業マンが教える、本当に大切な13のルール」となっている。そして最初のルールは「健康のための選択をする」である。ここでも、まずは「健康」である。

ここで注目したいのは、「健康になる」ではなく「健康になる選択をする」と書いてあることである。健康は天から降ってくるものではない。自分で健康になることを選択し、健康であることを選択し続ける。そして、その努力を継続していく選択をすることでもあり、健康に悪いことはやらないという選択をすることでもある。

選択とは自主的な作業であり、自らつかみ取るということである。そこには強い精神力が必要である。健康を選択しその状態を維持することは、精神の鍛練になる・・・ということである。

健康であることも、健康でないことも選ぶのは自分の意思である。そう、まぎれもなく自分自身が決めているのである。
2019.03.01 21:09 | 固定リンク | 社長のつぶやき
PCネットワーク
2019.02.28
最近、パソコンのネットワークがうまくつながらないという現象が起きていた。

今やネットワークはインフラである。つながらなくては仕事にならない。
しかし社員はネット環境が遅くても関係ない。なぜなら時間でお金がもらえると思っているからである。中には残業代稼ぎという不埒な奴が出てくる可能性もあるが、それは経営者の責任。そうは問屋が卸さない・・・ということで早く対策を!と言うことになる。

ネットワークの世界は複雑怪奇である。様々な要因が絡み、どこから手を付けて良いか分からない。なのでこんがらがった糸をほぐすように一つ一つ調べていくしかない。ということで業者の方に協力していただき調べてみると、Wi-Fiは問題ないが、有線に問題がある事が分かった(社内では、Wi-Fiと有線と両方を使っている)。

有線では、何かの理由でどこか一か所「ひっかかり」があると、その先全てが「ひっかかり」状態となってしまう。つまりそこがボトルネックとなってしまう訳である。そしてネットワークが継ぎ足し継ぎ足しで来てしまうと、余計どこがボトルネックか分からなくなってしまう。

「うーん、環境整備が出来ていない!」・・・と言うことでネット回線を全てスッキリし、配線図も作成する決定をした。ルーターも早いものに切り替える。

これで働き方改革推進である。そして仕事をしているフリをしている社員もいなくなる・・・はず(笑)?
2019.02.28 20:40 | 固定リンク | 社長のつぶやき
クレーム対策
2019.02.27
会社としては一生懸命やっているが、残念ながらお客様よりお叱りをの言葉をいただくことがある。いわゆる「クレーム」である。

そして再発防止を講じるために、毎月一回お客様の声会議を開催し、「現象」を確認、「原因」を探り、「対策」を決定する。しかし、それでは終わらない。しっかり対策を実施したか「チェック」が必要であり、そして対策の効果があったかの「フォロー」をしなくてはいけない。

しかし、ここがなかなか上手くいかない。まず「現象」と「原因」がつながっていない場合もあり、同時に「原因」と「対策」がつながっていないこともある。この流れがつながっていないと的外れな対策となってしまい、費やした時間とお金が無駄になる。

ではどうしたらよいか。「逆に遡る」ことである。「対策を行えば、原因がなくなるか」。そして「原因がなくなれば、現象がなくなるか」の整合性を見る。

そして、対策を実施しているかのチェックをする必要がある。実は今までは対策を実施しているか、チェックする日を決めていた。しかし、時間がとられるのでやめ、別の方法を取り入れた。「締め切り」を決めて、それまでに管理責任者が対策の報告をするという方法である。そして、期限に遅れると何らかのペナルティを加えるという方法である。

社員に「1000円の社内募金」か「社員全員に飲み物をご馳走する」とどちらがいいかと聞くと、罰金は嫌だ、飲み物の方が良いとのこと。15人はいるので、実は社内募金の方が安いが、こういう時は自分が飲み物をもらえるという意識が働くのであろう。社員の意見をしっかり取り入れることも大事・・・ということで、この件に関しては、「飲み物」で行くことにしたのである。

今後の効果が楽しみである(笑)。


2019.02.27 20:57 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -