チャットワーク(今日は長いです)。
2019.08.04
モリチュウでは、主に社内の情報共有にチャットワークというものを使っている。

これはとても使い勝手が良く導入して3日目には社内に浸透しほぼ全員が活用を始めた。そして、このチャットワークのもう一つ優れているところはタスク機能である。タスク機能とは、誰かに何かを依頼した際に、「これこれを、いつまでにやってくださいね」と期限を決めてお願いすることができる機能である。そして期限を順番に一覧で見られるので、納期管理もできるのである 。つまり業務の指示を口頭ではなく文字で残しかつ期限(つまり協力会社であれば納入納期にあたる)管理ができるということだ。

かつて、タスクをかけ始めた頃は「こんなにタスクばかりかけられると、やる気が失せてしまうし、おかしくなっちゃいますよ」と言っていた幹部がいたが、今では若手幹部中心に全く文句を言わず使っている。そういえば、その幹部は指示したことを余りにもやらないので、指示をリストにしてメールをしたら(社長に対し)「こういう風にまとめてくれると助かるんですよねぇ」と言っていた。タスクかけるとは依頼事項をまとめていることとほぼ同義なのであるが、まぁ何をやっても文句をいう人はいるのである(笑)。

ただ、このタスク機能は非常に便利ではあるが、問題も感じている。それは、タスクがかかっていないと何もやらないという現象が出始めていることである。つまり口頭でお願いしたり、メールでお願いしたことを実行しないでほったらかしになっているケースが出てきているのである。かつては口頭で指示したことをメモを取り、「承知しました、これはいつまでに完了すればよいでしょうか」と部下とのやりとりをしていたが、最近は(メモは取っているが)口頭での依頼は無視されることが多く、お客様からのメールを転送して依頼をしても見ていなかったりする。そうなると、「メールを転送して、チャットワークでタスクをかけて」と2度手間になる。メールがあったりチャットワークがあったりで、ツールが複数あると却って混乱するのかもしれないが・・・。

「もしかしたらチャットワークのタスクは過保護なのではないか」・・・少々考えてしまうが、今の世代に合わせるしかないのかとも思っている今日この頃である。
2019.08.04 19:03 | 固定リンク | 社長のつぶやき
「闇営業事件」で思うこと
2019.07.21
今後は隔週で「つぶやき」と「アートシーン」を載せていくことにします・・・さて・・・。

吉本興業と雨上がり決死隊の宮迫氏をはじめとした闇営業のことが話題になっている。

ここで、どちらが良いとか悪いとかを書くつもりはない(もちろん反社会的とのつながりは容認できることではない)。ただその中でとても興味を引く発言がいくつかあった。

一つは、どなたか忘れてしまったが、「俺たちは、吉本の先輩たちに憧れてこの業界(あるいはこの会社)入ってきた」と言う発言である。今、新卒採用が非常に難しい時代ではあるが、素晴らしい先輩、カッコいい先輩たちがいることが、採用にも大きな影響があると言える。一番身近な先輩は採用担当者、そして会社に学生さんが来た時に会う社員たち。採用担当者をはじめとした社員たちがカッコいい存在であるよう、社員を育てないといけないということである。

もう一つ、ビートたけしの「オレら芸人は猿回しの猿と一緒。猿が噛んで、猿に謝れって言ったってダメ。飼っている人が謝るんだよ」という発言。これは正論である。会社で社員がお客様にご迷惑をおかけした時に、「これは社員が勝手にやったこと、オレは知りません」と社長が言ったら周囲はしらけるし、社員は会社をやめていくでしょう。

こういう状況を作り出さない唯一の方法は、「必死のコミュニケーション」を取っていくしかないのだと改めて感じた次第である。
2019.07.21 21:34 | 固定リンク | 社長のつぶやき
理想の経営者
2019.07.13
そうそうめったに経験できるもんではない・・・そういう経験をした。

フィクションの世界にでもありそうな瞬間。
神(その神が具体的に何であるかは重要ではない)が曇天の中の水面に立った瞬間に、
水面のはるか向こうまで真っ直ぐに続く道が現れ、その道の先は、まばゆい限りの明るい光に満ち溢れている。
そこを人々が笑顔とエネルギーに満ちた姿で意気揚々と歩いている。
まさにその瞬間を見た。

ここに、テクニック的なことは何もないし、あったとしても書くべきではない。
なぜならば、それを小手先でおこなっても意味がないからである。
ただ、一つ言える真実は、長い年月の積み重ねが、その瞬間を可能にしているということである。

すばらしい瞬間を共有させてくれた「北関東発一等星企業」に感謝申し上げます。
2019.07.13 21:13 | 固定リンク | 社長のつぶやき
ISO9001の審査
2019.06.22
先日ISO9001の審査が行われた。

審査の結果としては、幾つか観察事項としての指摘を受けたものの、無事終了した。
しかし、審査の過程で様々な改善点が見つかってきた。いままでやってきた改善が点で終わっていて、線になっていないことが散見された。また、チェックの仕組みがまだまだ甘いことも良く分かってきた。

以前、埼和興産の現会長である田中一治先輩が「ISOはいいよ。俺が言いたいことを全部語ってくれるから」と言っていた。その時は自分の会社がISOを取得できるとは思っていなかったので「そんなものかなぁ」と思っていたが、今回そのことを正に実感した。

実は、今までは自分が審査官の方からの質問に答えていたのであるが、今回はほぼすべて3人の幹部社員に答えさせた。審査官の鋭い突っ込みに必死に答えたり、答えに窮したりしていたが、それがとても良い経験になったはずである。終了後の3人の顔を見ると、「まだ全然じゃん」といった表情をしていた。そして審査官の質問は、事前に打ち合わせをしたのではないかと思われる程、かなり私が日々言っている事と重複をしていた。

終了後に各自気付きをまとめさせたところ、私の分も含め、延べ176個出てきた。これを改善の材料とし更に良い会社にしていきたいと思う。ISOは目的ではなく、会社を良くするための手段であり、ツールとしなくては意味がないのであろう。
2019.06.22 21:20 | 固定リンク | 社長のつぶやき
経営計画発表会
2019.06.08
昨日は、年に一回の経営計画発表会であった。

6月が期首であるモリチュウでは、6月の第一週目の金曜日に、経営計画発表会を開催する。
これは、毎年恒例で全社員が一同に集まり、これからの1年の方針を伝える。
そして、社員全員で懇親を深め、一体感を醸成する機会としている。

発表会に当たっては、計画書として印刷をするために少し前に作成しておく。
しかし、発表をする当日にはすでに考えが変化をしているときがある。
芸術家などアーティストが作品を作った瞬間から、すぐに「もっとこうした方がいいのでは・・・」と変えたくなる心理に似ている。

しかし、そうコロコロ変えすぎても社員は戸惑うし、腰が据わっていない状態となってしまう。なので「一旦これでいいんだ」と決定をする。その瞬間からこれでいいのかと不安になる。

常にこのせめぎ合いに苦しむのであるが、ぐっと抑えることが実は大事だと考えている。

一旦決めたらまずは実行し、経緯を見て、必要であれば柔軟に変更をする。

これを地道に繰り返しながら前進をしていくしかないのであろう。

2019.06.08 20:21 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -