「名前を呼ばれたら返事をする」習慣
2019.09.08
「名前を呼ばれたら返事をする」習慣

モリチュウでは経営の道具として「経営計画書」を使っており、社員全員に配布をしている。ここには会社の様々なルールが書かれているが、その中に「社員としての正しい姿勢」と言う項目がある。姿勢とはもちろん「心構え、態度」の意味である。その中に「名前を呼ばれた時、声をかけられた時、指示をされたとき、注意をされた時ははっきりと大きく、やや高い声で『はい』と返事をする」と言う項目がある。なぜこんな当たり前ことがここまで細かく書いてあるのか・・・それは、やらないからである。ここで間違えてはいけないのは、「出来ない」のではなく「やらない」のである(笑)。

当たり前のことと言えば、お客様やあるいは協力会社の方で、遠方からわざわざご来社いただいた場合は、奥の席に案内をするのが礼儀である。しかし先日協力会社の方(しかも若い女性!)がご来社した際に、その方が手前の席に座っていた。案内をしたのは、同席予定であった新入社員と入社二年目の社員で共に男性・・・。「だからモテないんだこいつら!(笑)」と思いつつ、ここについても社員教育をしていかないと、嫁をもらえないなぁ・・・と思った次第である。そういう自分もモテた訳ではないので因果関係は不明であるが、少なくとも礼儀としては知っておくべきである。

実はこれらの事例、最初の事例は「知っているがやらない」場合、2つ目の事例は「知らないので出来ない」場合であり、同じ「やっていない」でも内容が違う。
二つ目の「知らないので出来ない」のケースは「教育」するしかない。
一つ目の「知っているがやらない」のケースは性質が悪い。「かっこうつけている」からか、「変なプライド」があるからか・・・そこを変えることは不可能。なのでそもそも何が正しいかを自問自答させるしかない。そして両方に共通するのは、「訓練」が必要だということ。つまり、繰り返し練習し「習慣化」することである。

いずれにしても、何歳になっても名前を呼ばれたときは、「はっきりと大きく、やや高い声で『はい』」と返事をすることにしよう。経営計画書に書いてあるので、やらないと社員から後ろ指さされてしまうし・・・それ以上に、その方がカッコいいと思うからである。

2019.09.08 17:54 | 固定リンク | 社長のつぶやき
中国の代行
2019.09.01
今日、中国大連から帰ってきた。

さて、ところ変われば品変わるというが、今回大連でとても面白い経験をした。昨夜食事をした時の話である。飲食店なので紙のメニューもあるが、タブレットで見ることが出来るメニューもあった。ここまでは普通なのであるが、この店では少々勝手が違った。机にQRコードが貼ってあり、それを読み取ると自分のアイフォン等のタブレットにメニューが表示されそこから注文が出来るという仕組みである。なるほど、これであればお店でタブレットを用意する必要がない。初期投資を抑えられると言う訳だ。

また、中国での飲酒運転取締りの詳しい法律は知らないが、以前よりも厳しくなっていることは確かなようだ。それに伴い運転代行もビジネスとして成り立っている。その運転代行のしくみが日本と大分違っている。まず、アメリカのタクシーのウーバー、あるいは最近では日本のJAPAN TAXIのように、運転代行もネットで予約出来るようになっている。そして、近くに何件くらいの代行が走っているかが分かる。つまり、代行車両は代行会社の駐車場からくるのではなく、「流し」なのである。

そして、これを容易にしている秘密がある。日本の場合は、軽自動車で2人の人が乗ってくる。しかし、大連では一人の人が電気自転車(ガソリン式でもなく、電動アシストでもない、電気モーターで走る自転車)で「流し」をしている。そしてこの電気自転車が小型の折り畳み式となっている。

つまり、ネットで呼ぶ→折り畳み式電気自転車で迎えに来る(一人)→その自転車をトランクか後部座席に入れる→運転をしてお客様を送る→積み込んだ電動自転車で帰る(あるいは再び流しネットでの予約を待つ)という流れである。

なるほど、これが正解と言うのはない。様々な仕組みが様々な国にある。常識程怖いものはないと感じた次第である。
2019.09.01 20:09 | 固定リンク | 社長のつぶやき
チャットワーク(今日は長いです)。
2019.08.04
モリチュウでは、主に社内の情報共有にチャットワークというものを使っている。

これはとても使い勝手が良く導入して3日目には社内に浸透しほぼ全員が活用を始めた。そして、このチャットワークのもう一つ優れているところはタスク機能である。タスク機能とは、誰かに何かを依頼した際に、「これこれを、いつまでにやってくださいね」と期限を決めてお願いすることができる機能である。そして期限を順番に一覧で見られるので、納期管理もできるのである 。つまり業務の指示を口頭ではなく文字で残しかつ期限(つまり協力会社であれば納入納期にあたる)管理ができるということだ。

かつて、タスクをかけ始めた頃は「こんなにタスクばかりかけられると、やる気が失せてしまうし、おかしくなっちゃいますよ」と言っていた幹部がいたが、今では若手幹部中心に全く文句を言わず使っている。そういえば、その幹部は指示したことを余りにもやらないので、指示をリストにしてメールをしたら(社長に対し)「こういう風にまとめてくれると助かるんですよねぇ」と言っていた。タスクかけるとは依頼事項をまとめていることとほぼ同義なのであるが、まぁ何をやっても文句をいう人はいるのである(笑)。

ただ、このタスク機能は非常に便利ではあるが、問題も感じている。それは、タスクがかかっていないと何もやらないという現象が出始めていることである。つまり口頭でお願いしたり、メールでお願いしたことを実行しないでほったらかしになっているケースが出てきているのである。かつては口頭で指示したことをメモを取り、「承知しました、これはいつまでに完了すればよいでしょうか」と部下とのやりとりをしていたが、最近は(メモは取っているが)口頭での依頼は無視されることが多く、お客様からのメールを転送して依頼をしても見ていなかったりする。そうなると、「メールを転送して、チャットワークでタスクをかけて」と2度手間になる。メールがあったりチャットワークがあったりで、ツールが複数あると却って混乱するのかもしれないが・・・。

「もしかしたらチャットワークのタスクは過保護なのではないか」・・・少々考えてしまうが、今の世代に合わせるしかないのかとも思っている今日この頃である。
2019.08.04 19:03 | 固定リンク | 社長のつぶやき
「闇営業事件」で思うこと
2019.07.21
今後は隔週で「つぶやき」と「アートシーン」を載せていくことにします・・・さて・・・。

吉本興業と雨上がり決死隊の宮迫氏をはじめとした闇営業のことが話題になっている。

ここで、どちらが良いとか悪いとかを書くつもりはない(もちろん反社会的とのつながりは容認できることではない)。ただその中でとても興味を引く発言がいくつかあった。

一つは、どなたか忘れてしまったが、「俺たちは、吉本の先輩たちに憧れてこの業界(あるいはこの会社)入ってきた」と言う発言である。今、新卒採用が非常に難しい時代ではあるが、素晴らしい先輩、カッコいい先輩たちがいることが、採用にも大きな影響があると言える。一番身近な先輩は採用担当者、そして会社に学生さんが来た時に会う社員たち。採用担当者をはじめとした社員たちがカッコいい存在であるよう、社員を育てないといけないということである。

もう一つ、ビートたけしの「オレら芸人は猿回しの猿と一緒。猿が噛んで、猿に謝れって言ったってダメ。飼っている人が謝るんだよ」という発言。これは正論である。会社で社員がお客様にご迷惑をおかけした時に、「これは社員が勝手にやったこと、オレは知りません」と社長が言ったら周囲はしらけるし、社員は会社をやめていくでしょう。

こういう状況を作り出さない唯一の方法は、「必死のコミュニケーション」を取っていくしかないのだと改めて感じた次第である。
2019.07.21 21:34 | 固定リンク | 社長のつぶやき
理想の経営者
2019.07.13
そうそうめったに経験できるもんではない・・・そういう経験をした。

フィクションの世界にでもありそうな瞬間。
神(その神が具体的に何であるかは重要ではない)が曇天の中の水面に立った瞬間に、
水面のはるか向こうまで真っ直ぐに続く道が現れ、その道の先は、まばゆい限りの明るい光に満ち溢れている。
そこを人々が笑顔とエネルギーに満ちた姿で意気揚々と歩いている。
まさにその瞬間を見た。

ここに、テクニック的なことは何もないし、あったとしても書くべきではない。
なぜならば、それを小手先でおこなっても意味がないからである。
ただ、一つ言える真実は、長い年月の積み重ねが、その瞬間を可能にしているということである。

すばらしい瞬間を共有させてくれた「北関東発一等星企業」に感謝申し上げます。
2019.07.13 21:13 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -