飲み会
2019.05.04
昨日は学生時代の同期の友人との飲み会であった。そのため飲んだくれてしまいブログを書けなかった。

その際、「オマエのブログを読んでるけど、最初の5行だけな、ハハハ」と2人から言われた。そういう歯に衣を着せない会話ができるのも同期のいいところである。

そして、いつも思うのだが、毎回話をしてる内容は同じである。あまり具体的には書けない内容であるが、その同じ話で爆笑をしている。「コイツらよほど成長をしていないな」と一瞬優越感に浸るのだが、一緒に爆笑をしている自分を発見すると、同じ穴の貉であるという現実に気付く。

ただ、もし昔と変わってしまっていたら逆に話ずらくなるし、面白くない。「バカだねぇ、お前ホント変わんねぇよな」ということに安心をするのである。世の中変化をするが、かつての友人たちは変わらぬ友人であってほしいし、自分もそうでありたい。

くだらない友とのくだらない話の中に、かけがえのない宝物があると感じるのである。

※S君、T君、今日は短くしたからね!
2019.05.04 09:30 | 固定リンク | 社長のつぶやき
まさかの・・・3
2019.05.02
まさかの「無銭飲食」をしてしまった私は、お店の人と一緒に支払うために、お店に戻っていった。その姿はほぼ連行状態であったかと想像される。

不足分を計算してもらうと、何と113元の請求。金券分の88元と合わせると201元、日本円にすると、約3,300円。「高!」と思うが、ここでもめても立場上分が悪い。「何でコーヒーと、缶ビール2本と、ほぼインスタントの辛ラーメンでそんなにするの?」と思いながら、「きっとつまみセットについてきたキムチでボラれたんだ」と自分を納得させ支払いを済ませた。

無罪放免となり、すっきりとした気持ちでウォーキングを再開、相変わらずキャリーバッグをガラガラ引きながら空港内7往復を済ませ、めでたく目標の7000歩を達成した。その間、件(くだん)の店の前を何回も通ったが、無罪放免なので清らかな気持ちで闊歩した。他の免税店の店員さんも最初は声をかけてきたが、何回も前を通るので最後の方は声をかけてこなくなった。間違いなく変な人だなぁと思っていただろうが、そんなことは気にしない。「まず初めに健体ありき」である。

いよいよ、出発時間が近づいてきた。胸ポケットに入れていたボーディングパスを取り出しモギリの女性職員に渡そうと思ったら、ほんのり湿っていて気持ち悪い。ウォーキングをした時に汗ばんでしまい、それが移ってしまったのだ。申し訳ない気持ちでありながら、飛行機に乗らないわけにはいかないので、しんなりとしたパスをそのまま何食わぬ顔で渡し、ぎってもらった。さぞ気持ち悪かったであろう。

成田に着いたら、今回の大幅な遅れのお詫びということで、乗客全員になんと一万円を支給してくれた。「うーんさすがANA、素晴らしい誕生日プレゼントだ」と単純に嬉しくなってしまった。

最終的に、今年はこんなにもお得な誕生日であった。でも今でも分からないのは・・・あのとき「この金券の上限は88元です」となんで言ってくれなかったんだろう・・・。そしてこの経験から学ぶこと、それは「無銭飲食」は決してしてはいけないということである。
2019.05.02 22:43 | 固定リンク | 社長のつぶやき
まさかの・・・2
2019.05.01
平成から令和に変わった今日、こんなブログでいいのだろうか・・・と思いながら書きます。
昨日の続き・・・

ANAの飛行機が機材トラブルで大幅遅延をし、6時間以上の待ち時間。大連の周水子空港で時間を持て余した私は、コーヒーショップでの時間をつぶしていたが限界となり、店を出た。

あと1時間半ほど時間をつぶさなくてはいけない。そこで思ったのは、「このままでは体がなまってしまい健康に良くない」ということだ。1日7000歩を歩くことを目標としているが、その日は2500歩程度。「時間つぶしも出来るし、健康にもいい」ということで大連空港内を歩くことにした。ちなみに大連周水子の国際線エリアはそれほど広くない。端から端まで行っても650歩程度である。しかし、とにかく歩こうということで、機内持ち込みをするキャリーバックを片手にガラガラ引きながら歩き始めた・・・その時、前方から見覚えのあるやや太り気味の女性が歩いてきた。

特に気にもかけず歩いていたら、「あのー」と声を掛けられた。こちらとしては声を掛けられる覚えがないので「?」である。「はぁ」と反応をした瞬間思い出した。先ほどまで辛ラーメンなどを食べていたお店の女性である。そして次の一言が、なんと「お金払いましたか?」とのことである。「ANAから支給された金券を渡しましたが・・・」と言ったら、彼女曰く「あーあれは88元分しかないんです。あなたはもっと食べたので足りません」とのこと。

まさかの無銭飲食・・・。

何と令和に代わる直前、しかも自分の誕生日に不覚にも、私は「無銭飲食」をしていたのである!(続く)
2019.05.01 21:13 | 固定リンク | 社長のつぶやき
まさかの・・・
2019.04.30
平成から令和に変わろうとしいてる今日、こんなブログでいいのだろうか・・・と思いながら書きます。

実は昨日中国出張から帰ってきた。そして、昨日はありがたいことに多くの方からお祝いのメッセージをいただいた。私の誕生日であったからである。そんな昨日、なんと大連から出発するはずの飛行機が遅れに遅れた。ANAである。時間にして5時間ほどの遅れ、2時間前に着いていたので約7時間・・・空港での待機を命じられた。

チェックインをすると、空港内で食事が出来る金券を渡された。そうであればということで、セキュリティチェックも済ませ空港内の喫茶店兼軽食の店に入った。時刻は午前11時位、そこで最初はコーヒーを飲み、その後しばらくしてからビール(アサヒスーパードライ330ml)を飲み、その後大連の空港に行くとなぜか食べたくなる「辛ラーメン」を食べた(「辛ラーメン」は韓国のピリ辛インスタントラーメンである)。「辛ラーメン」を食べると、やはりビールが飲みたくなるので、もう一本アサヒスーパードライを飲んだ。その間、手持ちの本を読んだりしていたがさすがに時間を持て余す。WifiはつながるがGoogleが中国では使えないので、仕事も出来ない。そんな中、さすがに午後4時位(つまりお店の滞在時間はなんと5時間!)にはギブアップでお店を出た。

お店を出たからと言って何もすることがない。マッサージのお店があるわけでもなく、免税店で買うものもの無く、とにかく何もしない、出来ないという苦痛の時間が過ぎていった(続く)。
2019.04.30 22:20 | 固定リンク | 社長のつぶやき
忍耐、行動
2019.04.25
昨日ブログでナポレオン・ボナパルトについて触れたが、かのナポレオンは沢山の名言・格言を残している。

最も有名なのが、「余の辞書に不可能という文字はない」である。

また、ナポレオンは「勝利は、わが迅速果敢な行動にあり」とも言っている。これは素早い行動を言っているのであり、「ボーっとしてんじゃねーよ」というチコちゃんの名セリフにも通じる。

更に、「勝利は、もっとも忍耐強い人にもたらされる」とも言っている。

これらは、「失敗をしたところでやめてしまうから失敗である。成功するところまで続ければ、それは成功になる」という、経営の神様と言われた松下幸之助の言葉に通じる。つまり、「迅速果敢に行動し、それを諦めず粘り強く続ければ、不可能なことは何一つない」と言っているのである。

歴史に名を残したこの2人が、同じことを言っているのであれば、これは間違いなく真理なのであろう。

大事なのは、これを知った自分自身が、この知り得たことを「迅速果敢に行動に移すか」なのである。
2019.04.25 21:18 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -