IQ点検
2018.03.29
今日朝一番の仕事はIQ 点検である。

IQとは、一般的には「知能指数」だが、モリチュウではinformationの”I “とquality の”Q”を取ってIQ点検と呼んでいる。つまり品質と情報の点検である。ではどのような事をやっているかというと、作業手順書を見て作業しているかとか、検査機器は公正されているかとか、パソコンのゴミ箱にゴミが溜まってないかなどと言ったことである。点検項目が決まっておりそれを担当の社員(今日は三人)が同行して行う。これは今年から始めたことだが、思った以上に効果がある。

実はきっかけは、ISOの審査で観察事項になった事を改善し継続する必要があり、それを実行するにはどうしたら良いかと考えた結果、このIQ点検にたどり着いたのである。
毎月チェックが入るので少しづつではあるが前進している。まだまだ稚拙なところかもあるが継続していくとどんどん良くなっていく手応えを感じている。

終わった後はいわゆる環境整備点検と同様、同行した社員がコメントをする。そして、社長からの全体総括と次回社長課題が出される。現場を見て出来ていない事を課題にするので社員も納得する。但し多くても二個。まさにこれがPDCA。社員と会社が成長が楽しみである。
2018.03.29 21:43 | 固定リンク | 環境整備
考え方の整頓(2)
2018.03.14
昨日考え方の整頓について書いたが、更にもう少し考えてみた。

整頓の目的が「探しの排除」。考え方における探しの排除は「悩みの排除」となる。つまり、このような時は、この人に聞く、ということが決まっていることも整頓になる。

・体の調子が悪い時は、このお医者さんに行く、(行きつけのお医者様を決めておく)。
・何か揉め事があったら、この弁護士に相談する(顧問弁護士と契約をしておく)。
・会社経営についての相談は、この経営コンサルタントに依頼する。
・保険業務については、コンサル志向の強いなんでも話せる親友の保険担当者に聞く。
・社員の管理に関しては、このバランス感覚に富んだ社会保険労務士に聞く。
などである。

様々な分野において、信頼できるパートナーとのネットワークが重要ということになる。
特に体とお金に関しては重要だ。

このようなネットワーク作りに時間を費やすことには価値がありそうだ。
2018.03.14 17:52 | 固定リンク | 環境整備
考え方の整頓
2018.03.13
モリチュウの経営計画書には「環境整備に関する方針」がある。
そこの「整頓」項目には、「探しの排除」「いつでも誰でも使える状態にする」と書かれている。

物の環境整備に関しては物の置き場を決めて、常に使ったら元に戻すということになるが、ここについては今後書いていくことにする。

さて、今日思ったのは「考え方の整頓」である。これはどういうことか。
もし、整頓の目的が「探しの排除」ということであれば、考え方の整頓は「迷わない、悩まない」ということになる。そのためにはどうするか?物に関して「置き場」を決めるように、考え方については「判断基準」を決めることである。物事の判断をするときの基準、尺度が決まっていれば迷わない。それが「考え方の整頓」ということになる。

では、その基準は何か。それは「成果が出るか出ないか」ということになる。さらに進めると「自分にとっての成果は何か」を突き詰める必要がある。それは「あなたは何者か」という哲学的課題ととなる。

自分自身が「なりたい」、あるいは「ありたい」自分に向かうために、それ以外のことは勇気をもって捨てることも必要。先日書いた、羽生結弦選手の金メダルのことにもつながる。本当に大切なことのために、やや大切なことは思い切って捨てる。そのことにひるむ必要はないし、後ろめたさも感じてはいけない。

そして、最後の判断基準は「自分の心の声に素直に耳を傾ける」という判断基準。これが私の整頓された考え方である。

2018.03.13 22:47 | 固定リンク | 環境整備
整理
2018.03.09
モリチュウには日めくりカレンダーというのがあり、毎日朝礼でそれについて話をしている。今日は「徹底した整理はあらゆる活動の原点である」という内容である。整理の定義は簡単に言うと捨てることなのだが、何事も要らないものがなくスッキリした状態でないとうまくいかない、と言うことである。

中でも書類を捨てるのはかなり勇気がいる。いつか見るのではないか、いつか使うのではないか、と言うことになるとどうしても思い切って捨てることができない。私の過去の経験からしてそうであった。

そういった悩みを一発で解決するすごい方法を、私の尊敬する吉川社長(株式会社プリマベーラ代表取締役)から教えてもらった。それがEvernote +スキャンスナップである。

書類をスキャンスナップで読み込みデータとして保存し、原本は廃棄。保存される時に印刷文字がデータ化されるので、あとはそれが必要な時に検索するだけである。

この習慣を身につけてから、とにかくとってもスッキリなのである。

良い習慣を強制することは正しいが、まだ我が社の文化レベルでは厳しいので社員にこの習慣を強制してはいない。
しかし、近いうちに強制する日が来るだろう。その時は、モリチュウがまた小さな成長を遂げたことになる。

2018.03.09 22:20 | 固定リンク | 環境整備
捨てる
2018.03.08
今日は、焼き鳥屋さんで地元の社長と飲んだ。

彼はとても優秀で仕事も順調である。しかし何となく浮かない顔をしていた。
話を聞くと、「自分の夢」と「目の前の利益」のどちらを取るか悩んでいるという。
もっとよく話を聞くと、やりたいこと、やらなくてはいけないこと、頼まれてしまうことが沢山あり、どうしたら良いか分からないというのである。これはある意味うらやましい悩みで、周囲からの期待が大きいということに他ならない。

そんな彼に話したアドバイス。「大きなイエスの為に、小さなノーをいうことに躊躇してはいけない」。

経営の師匠である小山昇氏は常に言っている。「やらないことを決めなさい!」

平昌オリンピックで金メダルを取った羽生結弦選手はこう語った。
「連覇のためだけに幸せを全部捨てようと思いました。普段のこととか、考え方です。“あ、今この幸せいらない”とか。身近にあるものをすべて捨て去ってきた感じです」

羽生選手は、金メダルのために、沢山のものを捨てた。捨てる勇気が金メダルをもたらしたとも言える。

人生で金メダルを取るには捨てる勇気が必要なのだ。


2018.03.08 23:51 | 固定リンク | 環境整備

- CafeNote -