教育に関する方針
2018.06.29
モリチュウには教育に関する方針がある。

社員の教育は大切であることは論を待たない。ではどのように教育の機会を与えていくか?

これまでは、社員に出来るだけ教育の機会を平等に与えるように努めてきた。しかし、今後は「公平」に与えると方針を変更した。もちろん新入社員や入社3年目までは平等に与えるが、それ以上は「自ら成長しよう」とする社員に教育の機会を与えると、宣言した。考えてみれば当たり前の話である。教育にはお金と時間がかかる。そしてすぐには結果が出ない。一般的に「教育投資」というが、投資である以上より多くのリターンを期待するのは合理的である。

なので、「このような勉強会に行くか?」と聞いて「行かせてください」と言う社員にはどんどんお金を使う。逆に「いや~私は・・・」という人からはチャンスが逃げていくことになる。そしてそれは社員本人の選択である。ただ、事実として、教育の機会を積極的に受け入れる社員が沢山いることは、うれしい限りである。

最初は平等にチャンスを与えるが、その後は公平性を大切にする。前向きに頑張る社員を贔屓する。そのことで切磋琢磨し、よりたくましく社員力を向上させ、モリチュウの力を底上げをしていきたいと切に期待している。




2018.06.29 23:15 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -