マッターホーン
2018.07.02
日本で指折りの洋菓子屋さんの話である。

先日、母方の実家のお墓参りに行ったことを書いた。その帰りに必ず立ち寄るのが、母方の実家であり、今は私の従兄が引き継いでやっている「マッターホーン」と言う洋菓子屋さんである。

学芸大学駅から徒歩3分程のところにあるこのお店は、身内自慢と思われるかもしれないが、とにかく美味しい。生クリームも、バタークリームも、チョコレートもみんな美味しいのである。最近では特にバームクーヘンが人気で、1日に生産できる量が限られているため、ほとんど即売り切れ状態だそうだ。紛れもなく行列ができる人気店である。

何故そんなに人気があるのかというと、一つはお店を広げない。つまり支店を作ったりしない。それと昔ながらの作り方をそのまま踏襲しているのも理由であろう。何も足さず何も引かない。この姿勢が人気の秘訣であり、お店が長続きをしている理由でもあると考える(裏側で相当大変な努力をしていることはよく知っているが・・・)。

「マッターホーン」では喫茶コーナーもあるためウインドウの中にあるお菓子をその場で選んで食べることもできる。その日は、私は「生シュークリーム」、家内は「マロンクリーム」と言うデザートを食べた。この美味しさは伝えられないので、是非行ってみてはと思う。期待はずれはあり得ない。




2018.07.02 20:48 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -