凪ラーメン
2018.08.03
今日の夕飯は凪ラーメンである。

それも、家族4人で凪ラーメン。とても珍しいパターンである。たまたま川口駅周辺に全員が集まっており、じゃぁどっかで飯でも食べようということになったが、いつも「凪ラーメンがうまい」と話をしていたら、「連れていけ」ということになり、凪ラーメンになった。

わが家の4人がお店に入ってから、着席率が80%程で、感覚的にはほとんどの席が埋まっている感じであった。そこで考えてしまうのはなぜ流行っているかである。自分なりに考えてみると、
・味がいい
・接客がいい(店員の愛想がいい)
・お店が奇麗
・メニューが多すぎない。
・トイレが奇麗
勿論、立地や回転率もあると思う。しかし、上記のようなある意味当たり前の事が出来ていることが大切だと思う。使い古されて言葉ではあるが、「凡事徹底」は永遠の真理だと感じた。そしてきっと気が付いていない見えない秘訣や仕掛けが間違いなく山ほどあるはずである。

帰り際、店員さんが「いつもありがとうございます」!。客の立場からするとたまらない優越感である。また行こうと思ってしまうのは当然である。

2018.08.03 21:17 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -