イトーヨーカドーからのDM
2018.08.11
昨日イトーヨーカドーからDMが家内に届いた。

ペリペリと開けて中を見るタイプのDMなのであるが、それを見て家内が驚いていた。中を見ると6つの商品が紹介されており、すべて20%オフになっているのだが、そこに掲載されている商品がすべて普段良く購入している商品であった。もしかしたら単なる偶然かと思っていたが、ちゃんと「ふだんのお買い物に合わせて特選した商品の『割引券』を6点ご用意いたしました」と書いてあった。アマゾンで「あなたにおすすめの商品はこれです」というのはある意味当たり前になっているが、それはデジタルの世界・・・だと思っていた。しかしDMはアナログの世界。One to One マーケティングがデジタルの世界からアナログの世界に逆輸入をされて来たわけである。

「ふぇーっ」と驚いていたら、大学生の息子が「そんなの偶然であるわけないよ」と言っていた。なるほど、若い人たちの間では当たり前の世界になってきているんだということが分かった。ビッグデータを組み合わせて一人一人のニーズに合わせて対応をしていくことが当たり前になってきて、そしてその動きをAIが促進していくのであろう。

確かに便利である。時間短縮もできる。しかし自分で何かを探し、新しい世界を探求し、意外な自分を発見する機会が失われていくのではないか・・・という心配もある。デジタルやAIの世界が進歩をとげていく程、自分自身の軸をしっかり持たなくてはいけないのであろう・・・と考えている中、家内は喜々として買い物に出かけていった。

やはり20%オフは魅力であった。イトーヨーカドーしてやったり。
2018.08.11 22:46 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -