Siri
2018.08.20
皆さんSiriはすでに知っていると思う。

i-phoneに話しかけると、言葉を理解して答えてくれるかわいい奴である。’Hi Siri’と話しかけると「はい」、素直に答える。ところが、日本語やほかの国の言葉を理解するだけでなく、音楽もしっかりと聞くことが出来る。

今年の夏、息子と飲食店に入った時にBGMが流れていた。その時息子が「この曲いいなぁ、なんだろう」と言って、Siriに「この曲を教えてください」と話しかけその天井にI-Phoneを向けBGMを聞かせたところ、見事にその曲を表示した。そしてその曲を再生すると、全く同じ曲であることが分かった。

そして、先日運転をしながら珍しくNHK-FMを聞いていたらとても素晴らしい交響曲が流れてきたので「お、これはいいなぁ」と思い、MCの曲紹介を聞いていた。しかし、ベートーベンの曲でクリーブランド管弦楽団ということは分かったが、詳細は分からなかった。そこで曲の途中でSiriに「この曲を教えてください」と伝えラジオから流れてくる曲を聞かせたところしばらく考えたあと「歌曲フィデリオ OP72」と答えた。これだけではそれ程驚かないが、「クリーブランド管弦楽団」という演奏楽団まで言い当てたのである。きっと、ベートーベンの曲であるし、「歌曲フィデリオ OP72」は他の楽団も演奏をしているのではないか。その中で、演奏楽団まで正確に聞き分けられることに驚いた。これもAIの進歩なのだろうがいずれにしてもその進歩の度合いはすごいと改めて感じたシーンであった。

先日また分からない曲があったので、「この曲を教えてください」と私が歌ってみたところ、「これはわかりそうにありません」との答え。確かにSiriの進歩は目覚ましいが、「まだまだだな」と思った。


2018.08.20 22:23 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -