昨日の夢
2018.09.29
昨日変な夢を見た。

なんと、パンツ一丁で電車に乗っているのである。そして(多分)西川口駅から乗り、我が家最寄りの川口駅で降りるはずが、こともあろうに川口駅で降り損ね、赤羽に向かってしまった。丁度車両と車両の間に近いところに立っていて、しかもよく見ると、白いブリーフである。「参ったなぁ、こんな格好でどうやって家に帰ろうか・・・?」と絶望感にひたりながら途方に暮れていたところで目が覚めた。

なんでこんな夢を見たのだろう・・・それは今朝、かけていた布団が脇の方に追いやられていて寒かったからである。寝るときは少し暑く感じるときもあるが、秋になると明け方にめっきり冷え込む・・・。それで半裸の夢を見てしまったわけである。起きたときは何とも言えない安堵を感じると同時に、疲れた朝であった・・・。

私は何かあると、そこから何を学ぶべきかと自問自答する習慣があるが、明け方寒くなる季節になったと言う認識のもと、毛布をかけて睡眠に臨むべきだと悟った。しかし、家内は逆で「それでは、寝るとき暑くて余計に布団を蹴飛ばしてしまうから、毛布は掛けない方が良い」と言う。

家では家内に頭が上がらないので「そうですか」・・・ということで今日も毛布ナシで寝ることになった。「やってみてから考えよう」と常に社員に行っている手前、もう一度今日も毛布ナシで寝るしかない。明日の朝も半裸の夢を見たら対策を「考え」ることにしよう。

めっきり冷え込んできた昨今、皆さんも半裸の夢をみないよう気を付けていただきたいと思う。
2018.09.29 21:13 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -