年中行事
2018.11.23
今日は毎年恒例のラグビー観戦の日だ。

毎年11月23日は大学ラグビー観戦の日である。黄色く色づき始めた東京外苑の銀杏並木の道を歩きながら秩父宮ラグビー場に行く。キックオフは午後2時である。

ラグビーの試合の内容はさておき、この恒例行事が今年で25年間続いているという事実に我ながら驚いている。継続は力なりと言うが、実際この恒例行事が継続しているには訳がある。

一つは、一緒に試合を見に行く先輩がいることである。もう一つは、毎年日程が決まっている。つまり先の予定がすでに決まっているということである。最後は、とても楽しいということである。

この三要素を意識すると会社の活動も継続できるのではないだろうか。まずは一人でやらずにグループで活動をするということ。一人では心が折れてしまう可能性があるが、仲間と一緒に行えば頑張れるということは沢山ある。そして出来るだけ先までスケジュールを決めておくということ。最後に目的と目標を明確にし、達成した時のイメージを出来るだけ具体的に描くということであろう。

繰り返すが、「継続は力なり」である。そして、そのためには単純な精神論や根性論ではなく、継続できる仕組みを整える必要があるのではないだろうか。

ちなみに、本日の試合は我が校の勝利に終わったので、大変満足な一日であったことは間違いない。
2018.11.23 23:40 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -