視点
2019.02.05
「視点」とは、見るべき「目」をどこに置くかということである。

目の前にあることや、足元のことに目配りする「虫の目」。
「ドローン」のごとく上から全体像を把握する「鳥の目」。
どちらも大切である。

なので、時には鳥の目を持って大局を見極めなければならない。しかし大局を判断するうえで、世界中全ての情報を把握することはできないし、自分で全てを体験できるわけではない。そうなると、大切なのは信頼できる人から確かな情報をつかむことである。そして世の中の動きを見ながら機敏に動くこと。

言うは易し、行うは難し・・・しかし、思い切って「えいっ」と動くことが大事である。
時には勘違いもある。実は今日がまさにそうだった。が、勘違いして動いたことが結果的に良いj方向jに行くこともある。今回はまだ結果が出たわけでないが面白いことが起こりそうな予感がする。そして新しい刺激と確かな情報によって判断が変わる。

とにかく動き、今いる視点を動かす刺激を得ることは大切である。そしてそのきっかけとなるマスターマインドサークルから情報を得ることは、お金には代えがたい貴重なことである・・・ということは間違いない。











2019.02.05 21:15 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -