油断
2019.02.11
堺屋太一氏が亡くなった。

堺屋太一氏と言えば、小説「油断」である。これは、「日本が油を絶たれたらどうなるか」と言うややSFチックな小説であるが、現実に起こり得ることでもあり、完全にノンフィクションとも言えない話であった。いつ読んだのか、発刊が1975年なので多分小学校高学年か中学時代だと思う。しかしその内容の強烈さは今でも頭に残っており、日本の置かれた立場を感じ、とても怖いこと、それこそ油断ならないと思ったことを覚えている。

その後知ったことだが、第二次世界大戦への突入も日本へのエネルギーの補給路を絶たれたのが原因の一つ。今でもそれは起こり得る。なので油を絶たれないようにするにた、そうならないための切り札を日本も持ってなくてはいけない。

切り札を武力に求めるのは勿論短絡すぎる。そして資源のない日本では形以外のもので勝負するしかない。それは日本人の持つ勤勉性、手先の器用さ、教育レベルの高さなどである。

しかし、これが最近失われつつある。最近は休みも多いし、怠け者が多く感じる。つまり、切り札を失いつつある状態でありとても油断ならない事態である。チコちゃんでは無いが、ボーッとしてる場合じゃないのである。

もっと勉強し、もっと働かなくては。外国からの指摘で祝日を増やすなんてことはもってのほか・・・と個人的には思うのだが・・・。
2019.02.11 21:46 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -