インターンシップ
2019.02.14
最近の新卒採用にはインターンシップが不可欠である。一種のブームとも言える状況になっている。

なので、モリチュウでも新卒採用向け「インターンシップ」を今年から行った。内容は、鋳物の「造型」と言う工程を体験してもらうといったことである。美術大学などに通っている学生さん以外で鋳物を作る機会はまずないはずなので、かなりレアな体験が出来るインターンシップである。

「造型」という工程は簡単に言えば、砂で湯(溶けた金属の事)を流し込むための空洞部分を作る作業である。そして、造型をする際に、自分のイニシャルを入れられるようにし、それにより世界に一つのオリジナル製品が製作できる(今回は鋳物のコースター)・・・といった内容になっている。

作られた砂型には後日湯が注がれ、仕上げをした後本人に郵送されることになるという、結構充実したインターンシップになっている。

砂型を作る作業を指導するのは、今年入社1年目の社員と、今年4月に入社予定の内定者たちである。彼らももちろん鋳物については素人なので彼らにとっても鋳物を学ぶ機会となっている。

インターンシップ参加者、そして内定者にとっても、すこしでも造型や鋳物の面白さを感じ取ってもらえればと思う。いずれは、社員教育のプログラムに発展させ、その先は外部の方に鋳物体験コーナーなどが出来たら面白いなぁとも思う。

そんなことも、今回のインターンシップのような活動の積み重ねであることは間違いない。
2019.02.14 23:02 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -