「令和」
2019.04.02
元号が変わった。「令和」の始まりである。

出典や意味などについては様々なところで発信されているので詳しくは書かないが、意味としては、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」とのことである。

本来、令和という言葉があるのか広辞苑で調べてみると、残念ながらなかった。
では「令」と「和」を別々で調べてみた。
「令」は、①おおせ、いいつけ、命令 ②長官 ③良いこと、めでたいこと ④他人の家族などを尊敬して言う語
「和」は、①おだやかなこと、のどかなこと ②仲良くすること等
である。

令と言う言葉からすぐに思いつくのはやはり「命令」と言う言葉である。なので令和は「和を命ずる」という意味にとるのは自然ではある。では誰に対し和を命ずるのか・・・。

「他人は変えられない」と言う原則からすると、和を命じられているのは自分たちであることが分かる。なるほど、「周囲からの挑発などに乗らずに自らの和を貫くことで、外に対しても和の道が拓けていくのだ」と理解した。

「令和」発表の号外新聞に殺到し、それがネットで売られていることに対し、「さもしい」と感じられる日本人が大多数であると信じたい。新しい元号のもと、真の和の時代を創り上げていく主人公は・・・他の誰でもない、自分たちである。
2019.04.02 20:54 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -