「立ち食いそば」屋にて
2019.04.04
お昼にあまり時間がない時は「立ち食いそば」屋さんによる。
実際は立って食べるわけではないが、川口駅の改札に入った正面にある「囲炉裏庵きらく」というお蕎麦屋さんによく入る。私にはなぜか「チロリアンピラフ」に聞こえてしまうのであるが、そこはご愛嬌ということで。

そのお店でよく聞くのが、「2名様お並びです」といった声である。これは券売機の前に並んでいる人数を情報共有しているのである。そういえば、吉野家牛丼に行った時も同じような声を聞いた。確か「1台入りました」と言った感じだっと思う。「駐車場に車が入った」という情報を共有しているのだと思う。

なぜ、この情報が大事なのか。察するに、「備える」ことが出来る為である。
特にお昼時の忙しい時は、この情報があると無いとでは大きく違うのであろう。

「備え」が出来ていると対応が早くできる。
早くできると回転が速くなる。
回転が速くなると、仕事が楽になり、数字も上がる。

この単純な一声があるかどうかで大きな差が付くはずだ。そして備えることの大切さを物語っているような気がする。昔から「備えあれば憂いなし」と言ったものだが、「2名様お並びです」と言う声からその意味の深さを今更知ったわけである。

あ、そういえば、今日も同じ蕎麦屋さんでお昼だったなぁ。
2019.04.04 20:41 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -