俺ってちょっと可哀想?
2018.04.23
今、川口で乃が美の「生食パン」が流行っている。
焼かずに食べる。もっちりしてとても美味しい。
私は先日初めて食べたが、我が家族はすでに食べたことがあった。
聞いてみると、前に母が買ってきてみんなで食べたらしい。
「あれ、食べてなかったっけ?」とカミさんの一言。

先日、「最近胃もたれが多いなぁって思っていたら、年齢も関係するって新聞にかいてあったよ」とカミさんに言ったら、
「そうだよね、大吉もそんな感じだから」って言われた。
大吉はウチの愛犬である。確かに家族の一員ではあるが、何も犬と比べなくても…。

最近、俺ってちょっと可哀想だと思った。

大吉の写真をアップしておきます。

2018.04.23 11:43 | 固定リンク | 社長のつぶやき
日曜日はアートシーン「ニホニウム通り」
2018.04.22
日曜日はアートシーン

 理化学研究所(理研)の森田浩介グループディレクター(九州大学大学院理学研究院教授)を中心とする研究グループが発見した「113番元素」。2015年12月に国際機関がに新元素であると認定した。理研は埼玉県和光市にあるが、それにちなみ、和光市は最寄りの和光市駅から理研までの道を「ニホニウム通り」と命名し、あらたに整備された。

 その道には各元素番号が記されたブロンズ鋳物製の路面板があるが、それをモリチュウで制作させていただいた(これについては後日ご紹介します)。また途中あるポケットパークには元素周期表の中で輝く「ニホニウム」をあしらったモニュメントレリーフも製作させていただいた。こちらはお話を聞いた瞬間に頭に浮かんだデザインで、個人的にも気に入っている。

 道路整備は和光市の予算に加え、多くの方のご寄付で進められた。この取り組みは公共性の高い工事にいわゆる「クラウドファンディング」、つまり決められた目的に対し寄付を募るということで埼玉県でも注目されているとのこと。先日寄付者の名前が刻まれたプレートがはめ込まれ、モニュメントが最終形を見た(ブロンズ鋳物のレリーフは昨年に設置済み)。その式典が昨日行われた。ちなみに弊社会長の森敬介の名前もあった。

 世界的快挙に関連する仕事をさせていただいたことは、モリチュウにとって大きな誇りである。

※写真があまり良くなくてすみません・・・。

 

2018.04.22 21:04 | 固定リンク | アートシーン
「おかしいな、と思ったら上司に報告をする」
2018.04.21
モリチュウでは毎日朝礼、30分間の環境整備を行い、その後各部署のミーティングを行う。

その各部署のミーティングで行なっているのが、基本事項の確認である。
その内容はI Pad上でチェックリストになっており、およそ20項目ある(部署によって若干数は異なる)。

そのチェックリストは、
「おかしいなと思ったら上司に報告をする」
「新しい作業をするときは、上司と相談して進めます」
「作業を行う前に、手順、マニュアルを確認します」
と言った基本的な内容である。
リーダーがチェック項目の内容を読み上げ、その後全員で復唱する。
一つ読み終わるとポチっと画面上のボタンを押す。
全てボタンが押し終わると「完了メール」が私に飛んでくる。
(モリチュウでは「アニー」というクラウドのチェックリストアプリを使っている)。

チェックする内容はごくごく当たり前の事ではあるが、それをどこまできちんと出来るか。
凡事徹底、基本が大事ということで毎日これをやる。
では間違いが起こらないかというと、惰性になってやっぱり間違える。
ここは人間だからしょうがないが、頻度は減る。そしていつかは間違えなくなる。
この時初めて「習慣になった」と言える。ここまでとにかく愚直に続けるしかないのである。



2018.04.21 22:22 | 固定リンク | 社長のつぶやき
モリチュウの床はパッチワーク
2018.04.20
モリチュウの事務所の床はパッチワークである。

なぜか、それは毎日、大体新聞紙一枚分を目安にワックスがけをするからである。なーんだ新聞紙一枚、そんな程度なのって思うかもしれないが、単なるワックスがけではない。

まず今日の決められた範囲を雑巾で拭き表面の汚れを拭き取る。その後ワックス落としでワックスを落とすと同時に、専用ブラシでゴシゴシ床を擦り汚れを落とす。汚れとワックス落とし(結構強烈です)をしっかり拭き取った後、ワックスをかける。一回ではピカピカにならないので5回位行う。つまり塗っては乾かしを5回以上繰り返す。ぼーっとしていては乾かないので、うちわで仰いで乾かす。

モリチュウは鋳物業を営んでいる。なので、床はすぐに汚れてしまう。放っておくと砂だらけになってしまう。毎日少しずつでもやらないと床がとんでもないことになる。汚れるのは当たり前。でも「だからやらない、しょうがない」と言っていては何も生まれない。

パッチワークではあるが、時々ご来社された方が「靴のまま上がっていいんですか」と聞く。その時社員は心の底できっと「やった、勝った」とほくそ笑んでいること間違いない。私はちょっと不器用そうな、でもピカピカしているパッチワークの会社の床が大好である。


2018.04.20 22:22 | 固定リンク | 環境整備
異常なブレスト
2018.04.18
今日は、マイナビの合同企業説明会(合説)だった。
おかげさまで、かなり多くの学生さんにモリチュウのブースに来ていただいた。大変うれしいことである。

モリチュウでは、今日の様な行事があると、必ず「振返り」をする習慣が身についている。残念ながら、今日は適切な場所が無く、駅ナカにある喫茶店で行うことにした。また次の予定も詰まっていたために、使える時間は20分。それでも参加した社員全員それぞれが、ポストイットで、今日の良かった点と悪かった点を3つずつ書き出し、それを集めて次の改善点を見いだす。いわゆるブレーンストーミングだ。たった20分ではあるが、やるとやらないとでは天国と地獄の差がある。
席もなかったので、カウンターに横一列に座り、目の前にあるガラスポストイット貼り出して振り返りを行った。正直異常な光景である。しかし、これを誰も文句を言わず自然発生的にできるところが、モリチュウの面白いところである。
次の合説に向けて、継続する良い点、反省点が見つかった。

本日頑張った社員に感謝すると共に、モリチュウのブースに来ていただいた学生の皆様に感謝します。ありがとうございました。

2018.04.18 21:56 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -