とあるビルの壁面を見て・・・。
2018.05.06
この写真は2016年12月19日に撮影したものである。東京都内のとあるビルである。確か日本橋近辺であったような気がする。なぜ、撮影したかというと、数パターンの縦縞模様のファサードがリズミカルに配置され、とても美しかったからである。美しいというか「かっこいい」という表現の方が適切かもしれない。

まず、ファサード文様の組み合わせパターンがとても美しい。また、縦ラインのパターンが異なるため、微妙な陰影の違いがでる。そして、陰影そのものが、リズミカルな模様となり美し。光が当たると様々な表情を見せる。それがまた面白い。構成はシンプルだが、実は複雑なパターンの組み合わせである。考え抜かれている。

縦に伸びるイメージは建物全体をスッキリ見せる。以前ボンズ工房の赤川氏が「アメリカの建物の窓はみんな縦長なんだよ、だからカッコいいんだよね」と言っていたのを思い出した。確かに、縦縞の模様の方が、横縞よりもスッとした感じがする。

この壁面はコンクリート成形なのか、アルミ鋳物製なのかは見ただけでは分からない。しかし、コンクリートの場合ここまでスッキリとした表情が出せるだろうか・・・? もし、鋳物製であれば、面白いなぁ。





2018.05.06 21:52 | 固定リンク | アートシーン
空飛ぶタイヤ
2018.05.05
空飛ぶタイヤ

今年の6月15日、池井戸潤作の小説「空飛ぶタイヤ」が映画上映される。この大型連休で久しぶりに読書をする時間が取れたので、この話題作を読んでみたが、面白い!。思わず引き込まれてしまった。
不幸な事故、容疑者としての懐疑的な周囲の目、濡れ衣、最大顧客からの取引停止、融資引き上げと資金繰りの悪化。大企業の内幕。社長としてどう生きるか。そして、人としてどう生きるか、

究極の判断を迫られた時、その拠り所は原理原則となる。それを言葉で言うのは簡単だが、もっともな単語を並べただけでは何かしら軽々しくなってしまう。

綺麗事かもしれないが、究極的には自分の真の心の声に素直に従うのが良いと思っている。単なる心の声ではなく真の心の声である。ひとかけらの曇りのない澄んだ心の声。その声を素直に聞き行動すると、清々しい気持ちになる。「清々しい気持ち」、これが正解かどうかのバロメーターである。

2018.05.05 15:31 | 固定リンク | 社長のつぶやき
事前準備
2018.05.04
「優勝しました」。社員からの喜びの声がボイスメールを通して聞こえてきた。
先日、あるセミナーに2名の社員が出席をしていた。そこで、自分の会社の歴史を発表するという宿題が出ていた。その社員はパワーポイントで準備、事前に内容の確認、そして発表のロールプレイングを行なっていた。事前に「優勝してきます」と宣言もしていた。そしてその結果、一位を取った。

新卒社員が初めてお客様に一人で訪問した。本人は相当緊張していたらしいが、無理もない。そこで「とりあえず、この資料を渡し、この内容だけ聞いてきなさい」と伝え、事前にロールプレイングを行った。結果、見事お問合せを頂いてきた。

やはり成果を上げるには事前の準備が大切。言い古されていることではあるが、実際に起こった「現実」をみて、その大切さを改めて感じた。そして準備に時間を使えるように仕事のやり方を変えていかないといけない、とも感じた。「備えあれば憂いなし」である。


2018.05.04 03:13 | 固定リンク | 社長のつぶやき
「情熱」は野暮じゃない
2018.05.01
今日は早朝勉強会だった。今日も日本電産の創業者である永守重信氏の書籍を教科書に進めた。その中で主な話は情熱の話だった。昨今情熱なんて言うとちょっと野暮ったい感じがする。しかしビジネスを行う上で大切なのは能力より情熱である。格好つけていてはビジネスでの成功はおぼつかない。

これは京セラの創業者である稲盛和夫氏が言っている成功方程式に合致する。つまり「成功=才能×熱意×考え方」である。どんなに才能があっても熱い気持ちがなくてはその能力も生かされない。そして社員の持っている潜在力を導き出すのが社長の腕である。実は最も大切なのは考え方なのであるが、これについてはまた後日にする。

今日は午後から会社説明会でもあった。新しい社員は願わくば、熱い情熱を持っている人であってほしい。そして、その情熱は人から与えられるものではなく、自分で発するものであることに、いつか気づいてほしい。いわゆる稲盛氏の言う自燃の人である。
(写真は会社説明会です)

2018.05.01 22:08 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -