WEBマーケテイングセミナー2
2018.08.10
今日もWEBマーケテイングセミナーに出席をした。

昨日も書いた通り「プロフェッショナルコース」である。朝9時から午後5時まで不可思議な横文字単語と格闘をしながらなんとか最後まで頑張った。自社のホームページを実際に見ながら様々な分析をするのであるが、難しい言語で難儀している上に、自社のホームページの問題点がわんさか出てきて、余計に気分が悪くなった。そんな中、多少は身についたかと思うが、基本的には一緒に参加をした社員に実務は任せるつもりでいたので、「まぁ、適当にやっておこう」と油断をしていた。

ところが最後に、先生が「では二日間お疲れさまでした。ここで修了証書をお渡しします」と言い始めた。これは予想外であった。名前を呼ばれ、実際に修了証書をもらうときは不覚にも何か嬉しくなってにやけてしまったが、よく考えると修了証書をもらってしまうと「修了した」ということではないか・・・ということは、「プロになった」ということではないか!。まずい、このまま落ちこぼれのままだと「社長はプロなのに何にも分かってねーじゃねーか」と言われてしまう。

ということで、ここは「修了証書」は出さずに、そっとしまっておこう。皆さん言っちゃだめですよ!

※ちなみに今回受講したMr.フュージョン様の一連のWEBセミナーはとても分かりやすいと好評です!
2018.08.10 20:34 | 固定リンク | 社長のつぶやき
WEBセミナー
2018.08.09
今日はWEBマーケティグセミナーに参加をした。

このセミナーは「WEB何とかプロフェッショナルコース」という名前である。なんで私が「プロフェッショナルコース」に出ているかというと何を隠そうよく分からない。なぜなら、実はこれは一連のコースのセミナーであり、「まぁ全部申し込じゃおうと」、安易に何も考えず申し込んだのであり、中身をよく見ていなかった。実際受講すると、セッションとか、リファラーとか、コンバージョンとか馴染みのない言葉が沢山出てきて難しい。社員に聞くと、以前一緒に受けたセミナーで学習をしたとのこと。確かに聞いたことはある気がするが、どうも頭に入ってこない。よくSEO対策とか言うが、その裏で複雑な分析が行われているということは分かったが・・・これはもっと若い人でないとダメだなぁと思った。そんなことを思いながら周囲を見回すと、みな20代の若い人たちばかり。50代の私は完全に浮いた存在であった・・・。

今日一日なんとかひぃひぃ言いながら終えたが、今日の最後に先生が「明日はもっと複雑になりますので覚悟をしておいてください!」との一言。本来であれば間違いなく登校拒否であるが、社員も来ているので残念ながら登校拒否はできない。ということで明日ももう一日頑張るが、終了時にはまず脳死状態が異常な興奮状態かどちらかであろう。

そうは言っても成果を上げないと社員から叱られるので、受講している社員と話が出来るくらいには学習をしようと思う。時代の流れは私の都合を待ってくれないし、社員から始末書提出を言い渡されるのも困るので・・・。
2018.08.09 22:39 | 固定リンク | 社長のつぶやき
健康法の原点
2018.08.08
健康は第一である。

これがないと何も始まらない。しかし、いろんな健康法があり、何をやっていいか分からなくななってしまう。しかし体温を上げるという方法はどうも信頼して良いようだ。

日本人の平均体温が今は35度台とのこと。昔は36.5度と言われていたが、最近はそうではないらしい。少し調べて見たらこんな記事もあった
「約50年前、日本人の平均体温は36.8度あったとされるのに、いまや高い人でも36.2~36.3度、ほとんどが35度台の低体温に陥っているそうです。1度の体温低下で、代謝は約12%、免疫力は30%以上低下するともいいますから、これは放ってはおけません。」(https://hakuraidou.com/blog/12261/)。

そういう自分も1年前までは35.8度であった。これではまずいということで、長谷川クリニックの長谷川先生の教えに従い、少し熱めお風呂に入ってその後体を保温するという体温上昇をする方法をやってみた。そしたら、今は36.3度まで上がった。

今後、これをしっかり維持をしていくようにしていかないと・・・と改めて感じた。
2018.08.08 22:24 | 固定リンク | 社長のつぶやき
コミュニケーション
2018.08.06
効率的なコミュニケーションはあるのか。

答えはNOである。

コミュニケーションの目的は共通認識であり相互理解である。そして認識が共有され、相互理解が深まれば物事がスムーズに運ぶ。つまりビジネスシーンでは効率、生産性があがる。仕事の効率は上がるが、よく考えると効率的なコミュニケーションとは別次元の話である。

モリチュウでは、進捗会議や部門長会議を行う。そこで様々な情報が共有され、同時にチェックが進む。また、別の機会に幹部からは報告を聞く時間を作っている。それほど会議から日数が空かないため、同じ情報が提供されることもある。同じ話を聞くので無駄な感じがしていた。

今日、師匠の小山さんと一緒に一日を過ごしたが、その時幹部の方が報告をされていた。その内容は前の週に行われた会議で報告されていた内容が多くあった。しかし、その中身はというと、さらに突っ込んだ内容で、前週の会議では伝えきれていない微細な内容に富んでいた。

なるほど、この様に同じ情報でも、内容が深ければお互いの理解が深まる。今後、幹部から報告を受ける時には「会議では伝えきれないところを多く教えてほしい」と事前に伝えると同時に、同じ話だからと言って聞く姿勢をおろそかにせず、傾聴に努めなくてはいけないと感じた。

コミュニケーションは回数だと改めて学んだ一日であった。



2018.08.06 23:03 | 固定リンク | 社長のつぶやき
イサム・ノグチ
2018.08.05
イサムノグチは、石の作家というイメージが強い。

そう思っていたのは私だけかもしれないが、実は鉄板を使った作品や造園設計、更に舞台の小道具なども手掛けるマルチなアーティストである。

下の写真はかつてニューヨークのイサムノグチ美術館に行った際に撮影をした作品の一つである。かの有名な「あかり」デザインシリーズに通ずる非対称の構成が感じ取れる作品である。また、鉄板の一部にスリットを入れたり、切り込みを折り返すシンプルな技法を使った作品であるが、シャープな切断面が作品全体と周囲に心地よい緊張感を醸し出している。これはニューヨークで作られた作品だからだろうか。

イサムノグチは日本人とアメリカ人のハーフである。なので作品のどこかに「和」の要素が出てくる。そう考えるとこの作品は「禅」の世界につながる白と黒で構成される水墨画にも通じるようにも見えてくる。

また、大小の対の構成は男女の寄り添う姿にも見える。それは作品の一部がつながっていることからも想像に難くない。

「抽象の面白さはこのように様々な想像を膨らませることができることである」と先日書いたが、いい音楽を聴き、美酒を楽しみながら好きな作品を愛でることは幸せな時間であることは間違いない。

2018.08.05 21:58 | 固定リンク | アートシーン

- CafeNote -