「電話」
2018.11.22
電話は嫌いだ。

電話はいつかかってくるか分からない。こちらの都合に関係なくかかってくる。そしてそれによって時間を奪われてしまう。「7つの習慣」を書いたスティーブン・コビー氏は、「緊急だが重要ではなこと」の一つとして「意味のない電話」を上げている。要領を得ない長電話は無駄の極みである。

モリチュウでは「3分以上の電話は無駄話とみなす」というルールがある。電話をしていると仕事をしていると勘違いをしているケースがある。また、相手の大切な時間を奪っているということに気が付いていない。

今はITがこれだけ進歩をしているので、数字や文字など大切な情報はメール等で送り、その確認として短時間の電話をすることでほとんどが事足りる。逆にコミュニケーションが大切な場面では、電話をあえて使うことはある。これは電話を使う目的が明確であるから問題ない。

今日、ある協力会社様に少々早いが年末のご挨拶で伺った。そこの会社に着くと先方の社長が電話をしていた。しかも大分長く話をしている。「うーん、この社長は電話好きで、長話しが好きなのかなぁ」と少々不安に思っていた。電話が終わって事務所に中に入っていくと、「いや~、今お宅の〇〇さんと話していて・・・」とのこと。なんと、長電話をしていたのはうちの社員ではないか・・・(実はその社員には、電話が長いと何度も注意している・・・)。ルールは作ったが、まだまだ魂が入っていないことを自覚した今日であった。

2018.11.22 21:25 | 固定リンク | 社長のつぶやき
内定者勉強会
2018.11.21
来春入社する3名の社員の勉強会を本日開催した。

「開催した」というよりは、「開催をしていた」と言った方が適切な表現であろう。これは昨年から始めたことであるが、新人に出来るだけ即戦力で働いてもらいたい思い、その為には、内定段階で会社のことや扱っている商品について教える必要があると考えて始めた。

昨年は私が教えたのであるが、これは実は理にかなっていない。どうしても専門的になりすぎてしまうし、無意識のうちに専門用語が飛び出してしまう。武蔵野の小山社長からも「社長が新人に教えるなんて愚の骨頂」と教わっている。そこで今回からは、今年4月入社の新入社員に先生役を行ってもらっている。

「え、そんな新入社員に教えさせて大丈夫なの?」と思われる方もいると思うが、その通りである。大変不安なのである。しかし、新入社員が知っている範囲の内容であればムリなく伝わると思うし、新入社員も間違ったことを教えてはいけないと考え、事前に確認をする。これがまた本人の成長につながる。そしてもし間違ったことを教えても遅かれ早かれ分かるから良いと考えている。

また内定者には私から「今年入った先輩だから、間違ったことを教えるかもしれないけど、まぁ多めに見てね。でも70%はあっていると思うからさハハハ・・」と伝えている。なんて優しい社長なのだろうを我ながら思う今日この頃である。
2018.11.21 22:38 | 固定リンク | 社長のつぶやき
EGセミナー
2018.11.20
今日はEGセミナーを受講した。

EGとは'Emergenetics'の略である。そしてその'Emergenetics'とは、'emerge'と'genetics'を合わせた造語で「表出する」と「遺伝子的特長」を合わせた言葉である。つまりは「遺伝子的特長と後天的な経験から明らかになる自分の思考と行動の特性」を学ぶということである。

簡単に言うと、自分の脳みそが、「どのように考え、行動を促す『くせ』(習慣)を持っているか」を明らかにするものである。そして思考特性を、四色の色で表現をしているのがとても分かりやすい(実は行動特性もあるのだが、これ以上書くと長くなるのでやめる)。

EGは、自分の脳みそを客観的に見ることができるので大変興味深い。そして他の人の脳みそがどのようになっているかが分かると、相手によって伝え方や指示に仕方を変えることができる。「そんな面倒なことはできない」と思うかもしれないが、より円滑にコミュニケーションを取るには必要なことである。

最近では、ネットで「あなたの好みはこれですよね?」とAIが勝手に判断して色々なものを紹介してくる。One to One マーケティングであるが、社員とのやり取りもOne to One的アプローチが必要な時代になっている。そして、このOne to OneのアプローチにはEGは間違いなく必要である。なので、これをしっかりと学んでいくことにした。
2018.11.20 20:52 | 固定リンク | 社長のつぶやき
出張先にて
2018.11.19
昨日、出張から帰ってきた。

出張に出ると、時々自分でも「あちゃーっ」という失敗をやることがある。今回も実は二つほどあった。

私はホテルで寝るとき、備え付けのタオル地のガウンを着て寝ることはしない。基本は寝間着。寝間着と言ってもスエット上下、そしていつもの厚手の靴下である。これは武蔵野の矢島さんの健体のご指導に従ってそのようにしている。しかし、今回はなんと下下であった。つまり上を忘れ、ズボンを2本持って行ってしまったのである。着替えようとしたときにどうも形が違う。そして自分のしでかしたことを考え、愕然としたのである。

もう一つはもっとひどい。朝、歯ブラシに歯磨きをつけて歯を磨こうとしたら、「ムムム・・・?」なんとそれは「シェービングクリーム」であった。「歯磨き」も「シェービングクリーム」も同じ大きさで同じ形の小さなチューブに入っていたのであるが、あまりにも似すぎである。口の中にシェービングクリーム独特の「若干の粘りっ気」と「微妙な香り」が広がった時には、愕然を通り越し絶望の淵に立ってしまったが、一度口に入れてしまったのでどうしようもない。まぁ兎に角、今生きてここにいるということは、多少口に入れても大丈夫ということなのであろう。
あとは、口の中から髭が生えてこないことを祈るだけである。

次回はもっとまともな出張になるよう、事前の準備をしっかりしよう。やはり全ては備えである。
2018.11.19 21:05 | 固定リンク | 社長のつぶやき
腰骨を立てる(2)
2018.11.14
腰骨を立てると呼吸が深くなる。いわゆる「シャンとする」というやつである。
元気で矍鑠としたご老人はみな背筋が伸びている。つまり腰骨が立っているのである。

さて昨日、花巻東高校は「気を付け」の代わりに「立腰」と普段から言っていることをご紹介をした。確かに「気を付け」というと日本人であれば「ピシッ」と立ち、直立不動の姿勢を言うわけだが、ではどのようにすれば直立不動になるかというと、「立腰」をすればそうなる。なので、「気を付け」と言われて「そうは言っても何に気を付ければよいの?」という号令よりも、「立腰」の方が直接的で分かりやすく、その方が行動も変わりやすい。そして普段から「立腰」と号令をかけている花巻東の学生達は、常に「腰骨を立てる」ことが習慣の集団となっているはずであり、だから野球部も強く、類まれなる名選手が生まれているとも言える。

「そんなの偶然じゃないか」という方もいるかもしれないが、1%でも偶然ではない可能性があるのであれば試してみる価値がある、というのが私の持論である。なので今日からモリチュウの朝礼も「気を付け」ではなく「立腰」でスタートをすることにした。さて、どのような変化が現れるか。1年後が楽しみである。
2018.11.14 21:33 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -