ベランダの手すり
2018.12.16
確か浜田山のベランダの手すりである。

マンションのバルコニー手摺は普通はコストが優先され、無機質な既製品が多い。しかしさすが浜田山という地域性もあるのだろうか、とてもおしゃれで目を引く手摺である。

材質はロートアイアン(鍛鉄)か、アルミ鋳物かどちらかであろう。残念ながら近くまではいけないので確かめることは出来なかった。

バルコニー手摺は勿論機能上、落下防止のために決められたバラスターピッチ(縦格子の間隔)を守る必要がある。通常は11cmの隙間と言われている。赤ちゃんの頭が通り抜けない幅である。この制約を守りながらデザインをするのは結構しんどい時がある。また、パターンの連続を展開するデザインは連なるとしつこくなる可能性がある。なのでパターンの考える際に、連続したことを想定する必要がある。そしてもう一つ大切なのは建築とのバランスである。

コスト優先も分かるが、目に見える外観は、美しい街づくりにもつながる。そして文化レベルを上げ、子供たちの情操養育ににもつながる。このような素敵なデザインが街にもっと広がればいいと感じている。

2018.12.16 20:42 | 固定リンク | アートシーン
手を動かす
2018.12.15
これから鋳物で作るものがある。

すでに図面が出来ており、それを見ると何となく分かるが、なんか変である。細かいところで矛盾がある。簡単に言うとエッシャーの絵を見ている感じである。このように、時々絵としては描けているが、立体となると?になることがある。それを無くすために3D‐CADがあったりするが、実は3D‐CADは、事前に形がイメージできていなと逆に時間がかかる。

で、そういう時はどうするか。答えは「とにかく手を動かす」である。ということで今日はスタイロフォームを買ってきて図面を見ながらラフな形状を作った。そうすると、なるほど矛盾点や問題点が見えてくる。そして作り方が見えてくる。ここで割れば作りやすいとかも見えてくる(少々専門的だが、鋳物はどこで「割る」かが重要である)。
そして、これを参考にすれば図面も書きやすいし、3Dデータも作りやすい。このように、いきなり3Dに行くのではなく、まずは切った貼ったで手を動かして形を作ってみる方が、実は早道であることもある(もちろん形状によるが)。

「考」より「行」はつねに意識していることだが、今日はそれが如実に表れた1日であった。正直最初は面倒臭かったし、普段やり慣れていないことなので少々疲れたが、達成感を伴う気持ちよい疲れであることは間違いない。兎に角動くことが重要なのである。
2018.12.15 20:48 | 固定リンク | 社長のつぶやき
内定者の親御様
2018.12.14
本日は内定者Aさんのお父様とお会いした。

モリチュウでは毎年内定者が決まると可能な限り親御様とお会いするようにしている。こちらから出向くこともあれば、モリチュウにご来社していただくこともある。今までで一番遠いのはベトナムである。今モリチュウで大活躍しているベトナム出身のCさんの家にも行き、ご両親とお話をした。その後3回ほどお邪魔し、食事もしている。なので今では行くと「ただいま」と言いたくなるような感じだ(これは少々極端か・・・?)。

それはさておき、今日はモリチュウまでご来社いただいたが、目的はモリチュウのことを良く知っていただきたいということと、どんな社長が経営をしているかを知ってほしいということである。なのでこの時は私も大分緊張をする。大切な息子さんや娘さんが務める見たことも聞いたこともない会社は、どんなとこなのか、親であれば多少なりとも気になるのが普通である。なので少しでも不安を取り除ければということで、行っているわけである。

私と話をして不安が解消されるかは、それこそ不安だし、却って煽ることにもなりかねないが、それでも毎年行っている。親御さんにも是非内定者のサポーターになってほしいと切に願っている。
2018.12.14 21:48 | 固定リンク | 社長のつぶやき
怠け者対策?
2018.12.13
昨日「怠け者」のことを書いた。

そうしたら、友人の谷君から「怠け者をみつけたらどうすればいいでしょうか」との質問があった。それに対し「怠け者にしないことです」と書いたら、「禅問答みたいだなぁ」と言われてしまった。至極もっともなことである。

正直なところ、「怠け者」に対し「働き者」に変わってくれと言ってもそれはかなり難しいだろう。なので見つけたらどうするかと聞かれれれば、最初の答えは「諦めなさい」ということになる。実際はそれしかない。しかしそれでは困るので、どうするかと言うと、次は「お金」である。条件をつけ目の前にニンジンをぶら下げて頑張ってもらう。これが現実的であろう。しかし、それも正直なんか気分的にしっくりこないのも事実である。

あとは「社長の姿勢」という方もいた。そうなると、私なんかは非常に後ろめたい気持ちになる。確かに社長である私も怠けたいと思う事があるんだから、社員がそう思うのは当然。「あいだみつお」ではないが、「にんげんだもの」と言って慰めたいところであるが、現実そうも行かないのも事実。

そうなると、最終手段は「怠け者を入社させない」となる。面接の時に聞く質問を考えたり、適性検査などで探る。極端な怠け者でなければ後で訓練でなんとかなる可能性はある。やっぱりなんでも初めが肝心。入口でジャッジするのが最も正しい方法かもしれない。
2018.12.13 21:12 | 固定リンク | 社長のつぶやき
コミュニケーション
2018.12.12
以前にもコミュニケーションについて書いたことがあるが、これはどれだけ強調してもしきれない位、組織を円滑に運営していくうえで欠かせないものである。

コミュニケーションを円滑にする方法は色々あり、その手法も様々である。では逆にコミュニケーション悪くする原因はなんであろう。それは、社長や上司が部下に声をかけなかったり、話を聞く機会を作らないなどがある。しかしそれ以上に根本的な要因は何かと考えたとき、それは「怠け者の存在」である。

「怠け者の存在」は、どのような影響を及ぼすか。それは一生懸命やっている人の不満を招く。そしてその不満がコミュニケーション悪化を招く。コミュニケーションの悪化が結果的に業績悪化を招く。そして、業績が悪いと社員が不満になり、会社が暗くなる。会社が暗いと更にコミュニケーション悪くなり、更なる業績の悪化を招く。コミュニケーションの悪化がなぜ業績悪化を招くのかと言えば、それは全てにおいてスピード感がなくなるからである。

なので、1人の「怠け者」の存在は、その人が単に怠けているにとどまらず、会社全体に大きく影響する問題なのである。ほとんどの人は出来る力は持っている。しかし「これは、自分の俺の仕事じゃない」、「この仕事は他の人のほうが上手くできると思う」と言った発言をして逃げる人がいる。それは単に「私はその仕事をしたくない」と我が儘を言っているに過ぎない。そして、自分の仕事を周囲にすべて丸投げするような姿勢が見えたら、それも要注意である。なぜならそう言った類の人は「怠け者」だからである。

2018.12.12 21:09 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -