床面照明フレーム
2019.05.05
日曜日はアートシーン。

こちらは新高岡駅の駅前広場で見かけた床面照明のフレームである。
高岡にゆかりのあるモチーフがデザインされているのであろう。高岡も鋳物の街。やはり単純なステンレスのフレームでは面白みがないということで、このようなデザインをあしらったのであろう。

この床面照明フレームの面白さは、デザインが数種類あり「あ、こんなデザインも、あんなデザインも」と見付けるのが楽しくなることである。そしてそれほど大きな物ではないので、コストパフォーマンスもよく、特長も出せる。この程度の予算は難なく捻出できるはずなので、街を楽しくするアイテムとして様々なところで採用してほしいと思う。

ただ残念なのは、新高岡駅の乗降客がそれほど多くなく、あまり人目に触れていないということである。人の集まるところであれば間違いなくアイキャッチになる。例えば番号を付けたプレートを置くだけで待ち合わせ場所になったりする。「キュポラ広場(川口駅東口駅前広場の名前)の3番プレートで待ち合わせね」なんていったら面白いな・・・と思うのである。



2019.05.05 22:00 | 固定リンク | アートシーン
休みの日
2019.05.04
世間では大型連休であるが、今日も私は仕事をしていた。

仕事中毒(いわゆるワークホリック)と言われそうだが、実際それを否定するつもりはない。しかし、それだけではない。なぜ今仕事をするのか。それは成果が上がるからである。周りからの電話がない。「ちょっといいですか」という声もかからない(一部ではタイムバンパイアと呼ばれているらしい)。なので集中して仕事が出来る。そして成果が出る。

そしてもう一つの理由は家ではゆっくりできないからである。休みに家にいると何やらカニやら命じられる。そして聞こえないふりをしようものなら後が大変。無駄な抵抗はしないほうが良いということになる。別の部屋にいても、掃除機の音などが聞こえると落ち着かない。何も言われなくても、そばで洗濯物を干したりしているとこちらが落ち着かない。罪悪感という無言の圧力が押し寄せてくる・・・ということで避難をしているのである。

かといって、仲が悪いわけではない。家に早めに帰ってきて話を聞く時間を作っている。なんと気の利いた夫だと自負をしている。

と、書いたがそう思っているのは自分だけ。「本当はどうなの?」と聞くことは・・・そんな恐ろしいことは出来ません!
2019.05.04 20:07 | 固定リンク | 社長のつぶやき
飲み会
2019.05.04
昨日は学生時代の同期の友人との飲み会であった。そのため飲んだくれてしまいブログを書けなかった。

その際、「オマエのブログを読んでるけど、最初の5行だけな、ハハハ」と2人から言われた。そういう歯に衣を着せない会話ができるのも同期のいいところである。

そして、いつも思うのだが、毎回話をしてる内容は同じである。あまり具体的には書けない内容であるが、その同じ話で爆笑をしている。「コイツらよほど成長をしていないな」と一瞬優越感に浸るのだが、一緒に爆笑をしている自分を発見すると、同じ穴の貉であるという現実に気付く。

ただ、もし昔と変わってしまっていたら逆に話ずらくなるし、面白くない。「バカだねぇ、お前ホント変わんねぇよな」ということに安心をするのである。世の中変化をするが、かつての友人たちは変わらぬ友人であってほしいし、自分もそうでありたい。

くだらない友とのくだらない話の中に、かけがえのない宝物があると感じるのである。

※S君、T君、今日は短くしたからね!
2019.05.04 09:30 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -