名前(4)
2018.11.01
これまで名前について書いてきたが、どちらかというと機能や利便性について多く書いた。

しかし、もっと本来的な意味は、やはり「ご先祖様から引き継いでいる大切な宝物」といえるであろう。父母から始まり、祖父母そしてその先の祖先にまで遡っていくと、どういう理由か分からないが祖先の誰かがその姓を使い始めはずである。そして何世代にも亘って引き継がれているものが家族の「姓」である。つまりその人の系譜が「姓」に凝縮しているともいえる。

そして、各家には家風があり、先祖代々の血が流れており、遺伝子が引き継がれている。そして今までその一族が続いているのは幸運でもあるが、同時に強い遺伝子でもあるとも言える。そういう意味では、目に見えないその家族が持つ強い遺伝子を象徴しているのが姓であるともいえるのではないだろうか。
2018.11.01 21:46 | 固定リンク | 社長のつぶやき
名前(3)
2018.10.31
名前についての考察を続ける。

次に、これは昨日書いた名前のIDとしての役割に通ずることではあるが、名前、特に「姓」には「便利」という側面がある。時々同じ姓の人が集まっている地域がある。例えば「佐藤さん」が沢山いる地域で「佐藤さん」と呼んだら沢山の人が反応することとなる。実に不便である。実は今日お昼の時間に従弟の森さんと一緒だったのだが、ある人が「(従弟の)森さん」と呼んだ時、一瞬自分が呼ばれたのかかと思い、「ドキッ」とした。そう考えると各自が様々な異なる姓を持つことは、日常生活においてとても便利なのである。

また、「人を人たらしめるもの」という役割もある。これはどういうことかと言うと、囚人を考えてみると分かる。囚人は囚人故に「番号」で呼ばれる。なので名前で呼ばれるということはちゃんとした人として認められていることになるので、ここも重要なポイントであろう。
2018.10.31 20:23 | 固定リンク | 社長のつぶやき
名前(2)
2018.10.30
名前についての考察を続ける。

昨日は、名前とは「自分自身が誰かを伝える道具」であると書いた。もし、自分に名前が無かったら、自己紹介をどのようにするか・・・とてもやりずらいことが想像できる。

「自分自身が誰かを伝える道具である」と言うことは、「他者との違いを明確にする道具」であるともいえる。よくIDと言うが、これは'identification'の略であり 身分証明とか身分証明書の意味である。そしてこの言葉は'identify'(識別する)という意味や、’identity’(アイデンティティ)にもつながる言葉である。つまり名前は自分自身を他者と識別するためのIDとしての役割も担っている。そして、そこには、物理的に識別をするだけではなく、その名前自体が、その人自身を象徴的に表すものであったりする。「○○さんらしい行動」とか「○○君らしいふるまい」といった表現は、これにあたるのではないか。つまり、名前は他者と自分を物理的に識別するだけでなく、精神的に識別する役割も担っているといえるのだろう。
2018.10.30 21:37 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -