ネーミング(例えばアミチュウ)
2019.04.16
以前、モリチュウのステンレス網「アミチュウ」を紹介したことがあった。
この網は蓄熱性もよく、焼き目もくっきりである。同じ食材であればおいしく焼けるという焼肉屋さんの証言もあるくらいである。

さて、このアミチュウのネーミングであるが、単純にモリチュウのアミだから「アミチュウ」なのであるが、これはモリチュウの社員の投票で決まったものである。実は最初、私は「えーこんな名前?」と正直思った。しかし多数決なのでしょうがなくこの名前にした。まぁ昔の演歌歌手ではないが、売れなかったら名前を変えればいいくらいに思っていた。

しかし、このネーミング、意外と受けがいい。まずは何と言っても覚えやすい。そしてなんとなくユーモラスでもあり、名前の由来も冒頭のようにモリチュウのアミチュウであるため、皆さん納得がいく。

ネーミングとは不思議である。最初は違和感を感じてた「アミチュウ」も、慣れると「そんなもんか」になる。今後はユーチューバーならぬ「アミチュウバー」として、夜な夜な焼肉屋さんに行き、普通のアミとアミチュウと焼き比べをし、その模様をYoutubeにアップするということも企画中(?)である。ちなみに、この持ち込みのアミを「マイアミ」という。

平成から令和に代わる。昭和から平成に変わったときも、最初何か間が抜けた感じの印象であったが今は普通になっている。逆に令和はまだ馴染まないが、すぐに受け入れられていき、いつの間にか馴染んでくるのであろう。

これは自然なことでもあり、実は怖い事でもある。
2019.04.16 21:50 | 固定リンク | 社長のつぶやき
ユーチューバー
2019.04.15
「ユーチューバー」という言葉は、今や完全に市民権を得たと言ってよいだろう。

念のために簡単に説明をしておくと、いわゆるYouTubeを使って、不特定多数の人にメッセージやパフォーマンスを届けている人たちである。そのフォローワーの数が人気指数であり、同時にその稼ぎも話題になっている

新しいスタイルの芸能人とも言える存在であるが、いわゆる芸能人とは違い、もっと身近な存在に感じる。そして、今の若い人たちには大人気で、ウチの若い社員に聞いたら、みんな見ているとのこと。Youtubeはすでにテレビの代わりになっているとも言える。

「ユーチューバ―の魅力は?」と若者の一人である娘に聞いてみたら、「ある意味バカなことを真剣にやっているところに共感してる」とのこと。「上っ面だけのテレビの世界とは全然違う」とのことである(この話題で娘との会話が成り立ったことは、別の意味で嬉しい)。そういえば確か、「ももいろクローバーZ」もがむしゃらに一生懸命頑張る姿が魅力だ・・・とか聞いたことがある。

汗水流して真剣に頑張る姿に共感する・・・うん、今の若い人たちも「まんざら捨てたもんじゃない」と感じるとともに、どんどんと変わる情報の伝え方については、若い人から学ばないといけないと感じた。
2019.04.15 21:44 | 固定リンク | 社長のつぶやき
怪獣?
2019.04.14
アメリカで見たモニュメントである。

ロケーションは海辺のショッピン街。
周囲には高層の建物はなく、何となくおしゃれな空間である。

この怪獣モニュメントはまず大きい。圧巻の一言である。
そして造形はいわゆるトピアリー、つまり樹木で造形物をつくる手法である。
しかし、同時に銅板も使われている。銅板で全体の形状を作っている。
この銅板と樹木の組合せが絶妙である。

なぜここに怪獣がいるのかは分からないが、とにかくアイキャッチになる。
そしてこの怪獣は口から水を吐いている。そこにはユーモアがある。
この底抜けの面白さがなんとも心地いいい。

そこに意味があるわけではない、メッセージがあるわけではない。理屈もない・・・多分。
そういうモニュメントもいいなぁと思う。



2019.04.14 20:57 | 固定リンク | アートシーン

- CafeNote -