分かりやすくするのは良いことだが
2018.11.26
難しいことを分かりやすくするということは大切である。

わかりやすく表現しようと言う流れの中で、最近出てきているのが書籍の漫画化である。絵になると文字よりも直接内容が伝わりやすくなると考えるのはごく普通である。

しかし実際に漫画化されたものを読んでみるとどうも、頭の中に残って来ない。しっくりこないのである。確かに描かれている内容は非常に分かりやすいのであるが、ある意味スムーズに頭の中に入って来すぎてしまい、その為か、頭から出て行くのもスムーズなのかもしれないと思ってしまう。

また、当然ではあるが漫画で表現をすると、文字で表現している書籍よりも内容的には薄くなってしまう。あるいは深みがなくなってしまうという方が適切だろうか。小説が映画化されてしまうと陳腐化してしまう現象に似ているのかもしれない。

世代の違いもあるのかもしれないが、私には文字の方が脳の襞に染み込んでくる感じがする。文字ではなく、漫画や映像が情報伝達の主流になる傾向と、思考や感情の軽薄化傾向が同時進行をしている気がする。そしてそこにやや危機感を感じているのは私だけだろうか。
2018.11.26 22:53 | 固定リンク | 社長のつぶやき
レリーフ
2018.11.25
前回はモダンな建物に使われる鋳物を紹介したが、今回は「ザ・鋳物」的コテコテの鋳物である。

これは東京駅丸の内側にあるとあるビルの扉である(ビルの名前をメモするのを忘れてしまった)。とても有名なビルなので知っている人も多いと思う。歴史と格式のあるビルであるが、そこに当時の財力と権威を示す象徴として、重厚な鋳物を使った門扉が設置されている。

この門扉はかなりの重量があるため構造と施工に大変な苦労があったことは想像に難くないが、きっと対外的な信用を示すためにも、このような立派な門扉が必要があったのであろう。今ではなかなか作るのが大変な門扉である。

そしてここに使われているのはブロンズ鋳物。そしてこの重厚な唐草文様の繊細な凹凸は鋳物でなくては出来ない表現である。いわゆる鋳物らしさを最も分かりやすく伝えている事例と言えるであろう。





2018.11.25 20:51 | 固定リンク | アートシーン
定期的な行事~髪を切る~
2018.11.24
ほぼ2か月ぶりに髪を切った。

私は、一度決めると基本的に変えない。EGで言うと「柔軟性が左より」ということになるが、余程のことがないと変えない。なぜならば変えると「面倒」だからである。かつては若干色気もあったので、「あーでもないこーでもない」と言っていたが、今では色気を出しても振り向いてくれる人もいないので、「いつもの」と言えば分かる方が楽。なので変えないのである。

普段から「変えるのは面倒」と何気なく思っていたのだと思うが、振り返ってみると今回で「ご来店回数136回目」となるので、平均2ケ月に1回と考えると、136÷6=22.6となる。つまり、約23年間は同じところに通っているということになる。実際には2ケ月以上放っておくこともあるので、24~25年は通っているということになるであろう。

髪が伸びてくると「そろそろ髪を切ろう」と考え「いつ行こうか?」とスケジュールをチェックするのであるが、よく考えたら平均2ケ月に1回なので、切った日の二か月後に予約を入れてしまえば予約完了であり、後が楽である。なぜ今までこんな単純なことに気が付かなかったか不思議であるが、このように先のスケジュールを決めるということは、時間管理において100%効果があるということは間違いないであろう。

※EGについては11月20日のブログを参照のこと
2018.11.24 19:53 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -