勤怠管理
2018.11.07
弊社では勤怠管理に「キングオブタイム」を入れている。

「キングオブタイム」とはiPhoneやiPADで出勤退勤時間を入れる勤怠管理システムである。これを使うと、タイムカードをいちいち押さなくても済む。また、外出先でも勤怠時間を登録することが出来る。また残業申請の承認や誰が何時間残業をしているかといった管理もできる。

しかし、我が社の社員は変化に弱い。そのため「キングオブタイム」を導入した時、出勤、退勤時間の登録忘れが多発していた。暫くすれば慣れてくるかと思っていたが、登録忘れはなくならず、総務から給与の締め日に「○○さん、いつといつが時刻が入っていないから入れといてね」と毎回お願いをしていた。これが結構面倒であった。

そこで、私は、毎朝出退勤時間をチェックすることにした。もし登録漏れをみつけると全社一斉ボイスメール(伝言メールのようなもの)で「○○さんと、○○さん、退勤時間が登録されていないので、入れといてくださいね~」と送る。これをやり始めてから、登録忘れは激減した。

何かを達成しようとするのであれば、執念を持ってチェックすることが大事であるという、とても分かりやすい例だと思う。ちなみに、朝のチェックは今でも続けている。
2018.11.07 22:03 | 固定リンク | 社長のつぶやき
Googleカレンダー
2018.11.06
Googleカレンダー

我が社ではG suiteを導入している。G suiteとはGoogleのビジネス版である。

Googleの提供している機能は様々あるが、今日はその中でも最近の我が社のヒットを紹介したい。それは製造現場でのスケジュール共有である。我が社の製造現場での悩みは各自が何をやっているか分からず、勝手に残業をしていたことであった。そこで、毎日各自がGoogleカレンダーにスケジュールを登録し、朝礼の際に100インチの大画面に全員分のその日のスケジュールを表示することにした。そうすると、だれがいつどんな作業をするのか、そして何の残業をするか表示される。この作業にこんなに時間をかけちゃダメとか、残業をしない人が残業をする人をサポートするよう指示をすることも出来る。

また、午後3時に5分間ミーティングを開き、スケジュール通りに進んでいるかチェックし、現場の動きを微調整することも可能だ。

いずれにしても、全員がスケジュールをモニターで見える化し、仕事をしていることは画期的である。今日、これを全社に横展開を指示したところである。さて、どんな変化が起こるか楽しみである。
2018.11.06 21:10 | 固定リンク | 社長のつぶやき
駐車禁止
2018.11.05
今日はショッキングなことがあった。

11月3日に社員が頑張って床の塗装をしてくれたことをブログに書いた。当然、塗装なので乾燥をさせなくてはならない。普段は車を置いているところも塗装をした関係で、その日は会社の外に車を置いた。我が社は工業団地の中にあり、また、前面の道路は川の土手に突き当たって行き止まりとなっている。ましてや土日の夜なので、交通の障害にはならないのだが・・・置いていた車4台にすべて駐車禁止が貼られていた。時刻は土曜日の23時30分過ぎである。

生乾きで車を動かすと折角塗装をしたところが汚れてしまう恐れがありそのようにしたのであるが・・・確かに路駐をしていた我が社が悪い。

こういう時は、社員がガックリとした気持ちにならないことが大事。まずは「みんなよく頑張った」と伝え、「まぁ、しょうがねぇな、ハハハ」と笑い飛ばし、しかし「我以外皆師なり」と言う言葉があるが、「このことからもしっかりと学ばなくてはね」・・・と伝えた。そう、どんなことも教訓になるし、そうしないといけないのだと思う。
2018.11.05 21:02 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -