日本の好きなところ。
2019.03.30
先日ベトナム人を正規採用をしたことを書いた。

当然であるがその際に面接をする。その中に「日本の好きなところを5つ教えてください」という質問がある。その答えの中で多いのが「日本人の働き方=働く姿勢」、「日本人の規律」、「日本人の真面目さ、やさしさ」といったものである。

日本に来る前に勉強をする日本語学校では、朝早くから夜遅くまでみっちり勉強をする(学校によって違いがあるらしいが、多くは同じようであるらしい)。短期間ではあるが、全寮制で朝5時45分起床、10時45分まで勉強、教室の中では「ベトナム語禁止」という厳しい生活である。ある意味軍隊的な生活をしているのであるが、その理由は短期間で日本語を集中して覚えるということと、日本は規律正しい国だから、それを身に付けさせているということである。そして、その厳しさに耐えられるのは、日本という憧れの国に行けるということ、そして日本でしっかり働き、お金を稼いで親孝行をしたいという気持ち強いからである。

ふと、思った。彼らは日本に来たら、夢の国、思い描いていたある意味あこがれの国「日本」を、どう見るだろうか。思った通りの素晴らしい国と思うのか、言うほどの物でもない国と思うのか・・・?

受入れをする日本人は、「彼らが夢を持ってくる」ということをどれだけ知っているのか。私たちは、「日本はそれだけ憧れを持たれている国である」ということをどれだけ理解しているのか。そしてそれがどのような意味を持っているのか。

夢を描いてやってくる彼らを失望させてはいけない。日本が希望の国、憧れの国であり続ける為に、より一層、気持ちを引き締めないといけない。「かつてあの国はね・・・」と言われないようにしないと・・・。ある意味危機感を持った今回のベトナム訪問でもあった。
2019.03.30 20:06 | 固定リンク | 社長のつぶやき
ご縁
2019.03.28
今日、ベトナム人の方をお二人正規採用した。

ところで、なぜベトナム人なのか。
いくつか理由はあるが、主な理由は我が社にベトナム人の社員がいるからである。
彼は、モリチュウに勤めてもうすぐ3年目に入る。
彼の入社のきっかけは、たまたま採用サイトを見て、ウチの会社説明会に来たこと。実は、最初は採用するつもりはなかったが、今後の事業方針を考えると、採用した方が良いと判断した。あと、彼の妙な人懐っこさも魅力であった。
今では完全に戦力となっている。

たまたまサイトを見たベトナムの青年が会社説明会に来て、それが派生して、今回の採用。そして、たまたま今日来た2人。6人の中から選ばれた2人。たまたまの連続が、今を作る。これは偶然と言えば偶然。しかし私はこれを必然と思いたい。つまり、何らかの力が働いて、あるいは、何かの力に導かれ、出会うべくして出会った訳である。だからきっと上手くいくに決まっている。

そうでないと、このようなご縁が成り立たないのである。
これから一緒に成長していきたい。そんな思いで一杯である。


2019.03.28 23:58 | 固定リンク | 社長のつぶやき
基礎
2019.03.28
基礎がないと建物が立たない。
種をまかないと実がならない。
水や肥料を与えないと、植物は枯れてしまう。
このあたりまえの事を、忘れてしまうことがある。

特にコトを急ぐと、ついこのようなことを忘れてしまう。
すべての物事を前進させる為にはひとっ飛びに越えていくことはできず、
階段を上るようにゆっくりとステップアップしていくしかない。
時にもどかしく感じるが、ここで焦ってしまうと振り出しに戻る。
基礎がしっかりしてないのに建物建てると建物が倒れる。
種をまいても、実がなるまで待たないと結果的に損をすることになる。
そういう事なのである。

なので焦ることなく一歩一歩しっかりと前に進んでいく。
1日たりとも後ろに下がることがなければ、当たり前だが結果的に前に進んでいるのだ。

このあたりまえのことを意識すると、焦ることなく冷静に進むことができる。
結果的に、これが目標に近づく最短距離なのかもしれない。
そんなことを感じた今日1日であった。
2019.03.28 00:46 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -