夢を語る
2019.04.09
会社の夢を語れているか。
これは常日頃からの自分に対するテーマであった。

今日は来期に向けての幹部と一緒に事業計画を練る日であった。
明日のモリチュウをどのように築き上げていくか。
それを語り合う時間が必要であると思い、半日の時間を取った。

夢を語るためには、ますは現実の数字を見つめることが大切である。
そして可能性はなくならないという事実と、未来は変えられるという原則を元に、
いかに努力をすれば夢に近づけるかを考える、そのような機会がモチベーションアップに
つながるのではないかと感じる。そして社長が今何を考えているかを伝える為にも
この機会は重要である。

そしてその後の懇親会が勿論セットである。
どちらかと言うと地味な幹部たちであるが、何となく盛り上がった感じがあった。
未来の為に少々無理をしている今のモリチュウだが、彼らそしてその後に続く若い人財が、
今後のモリチュウを創っていくと思うと非常に楽しみである。

そして、そのためには自分がより明確なビジョンを描き、研ぎ澄まされた戦略を立てることが
出来るかにかかっている。贅肉を削ぎ落し、骨太の会社になっていくためには、
頭の中の環境整備をしないといけないと改めて感じた。

2019.04.09 20:34 | 固定リンク | 社長のつぶやき
2019.04.08
4月になったというのに寒い日がある。
明後日はなんと最高気温8度とのこと。
寒い日は鍋に限るが、肌寒い日の春の鍋も悪くはない。

さて、その鍋であるが、種類が沢山あり、どれも非常においしい。
そんな中で、先日テレビで「白魚の鍋」を紹介していた。
そして、ポイントはたっぷりとネギを入れることだそうだ。
ネギが白魚の臭み消し、絶妙なバランスにあるとのことだ。

ふと思った。会社の組織も鍋と一緒だ。
それぞれの素材の良さ・・・いや「良さ」というよりは特長を理解し、
それが混ざり合うことで絶妙の味を作り出す。
そう、素材の特長があることが大事であり、いうなれば人は一人ひとり違うので、
その人の存在が特長そのものである。
素材の新鮮さは、人について言えば「素直さ」ということだろうか。

素材の特長を生かし、混ぜてぐつぐつ煮立てる。どのような味付けをするかは社長の仕事。
美味しいお鍋が出来たとき、その時が「相乗効果」が生まれた時と言えるのであろう。
2019.04.08 21:22 | 固定リンク | 社長のつぶやき
スケボの天敵?
2019.04.07
以前、カリフォルニアのビーチに行った際にみつけたオブジェである。

縁石のエッヂ部分についているオブジェ。いくつかのデザインがあり、海辺ということもあり、全てヒトデや貝などが具象で表現されている。かなりディテールに凝ったデザインであり、これこそ鋳物ならではの表現ということになる。

ふと思った。そうか、これはスケートボード対策なんだ!以前日本でもこのようなものを見たことがある。しかし、その時は無機的で単純な金属のプレートの様なものが配置されていたと記憶している。時に、スケートボードが禁止の場所がある。そんな時にこのようなオブジェ的なものがあると、ただ「ダメ」というのではなく、「悪いね、理解してね」と伝えている感じがする。スケボファンの人も、思わず「しょうがないな・・・」と思うのでは。確かに生き物を踏みつけるのはやはり抵抗があるもの。

うーん、さすがカリフォルニア、この遊び心が憎いなぁと思った。



2019.04.07 18:43 | 固定リンク | アートシーン

- CafeNote -