大晦日
2018.12.31
今日は大晦日である。

実は大晦日は苦手である。それは大掃除をするからである。会社では日々の環境整備のお陰で大掃除をしないことは書いたが、家では別である。普段であれば、出来れば逃げたいので、なんだかんだ仕事の理由を付けて避難をするのであるが、大みそかの夜まで仕事をするのはどうも不自然ということもありそれも出来ない。

それでも出来るだけやらないようにと逃げていたら、いささか殺意を感じたので窓掃除と掃除機がけを行うことにした(大晦日の殺人事件は警察に迷惑をかけるので申し訳ない)。実は私は掃除機がけがうまい。これは高校時代に居酒屋さんでバイトをしたときに教えてもらった方法をそのまま真似ている。掃除機は床全体を一気にかけるのではなく、フロア全体をいくつかに分け、その範囲の外周から掃除機の先端に幅広いところを外してかける。その後真ん中部分を横幅のあるパーツを付けてかける。そうするとコーナー部分に溜まり勝ちのゴミがスッキリ取れる。

大晦日のブログが掃除機のことかよ、と思うかもしれないが、我が家はどこかに行くでもなく至っていつもと同じである。しいて言えばさっきカミさんと「ボヘミアンラプソディー」を見に行って来たくらいである。

「ボヘミアンラプソディー」は結構いいですよ!

ではよいお年を・・・。
2018.12.31 18:50 | 固定リンク | 社長のつぶやき
ヤンキースタジアム
2018.12.30
日曜日はアートシーン

今日はニューヨークにあるヤンキースタジアムである。竣工は2009年なので21年目となる。
最初の写真はエントランス部分の単純な縦格子のフェンスである。そう、単純な縦格子なのだが、ちょっとアレンジをするだけでなぜかとても味があるデザインとなっている。ニューヨークヤンキースのロゴが上部にあしらわれているが、これが「エンブレム」としての役割を果たし、デザインにリズムを与えている。更に、縦格子の表面には、塗装でザラツキを出している。この細部へのこだわりも素晴らしい。

そして目を見張るのは、屋根の梁のデザインである。建物の構造体としての役割も去ることながら、基本カラーのグリーンに統一されジョイント部分の見せ方も非常に美しい。フェンス同様、周囲のレンガとのバランスが絶妙である。

古き良きアメリカを表現するデザインと、全体とディテールへののこだわりが、メインゲートしての存在感を際立たせている。





2018.12.30 21:11 | 固定リンク | アートシーン
時代の波
2018.12.29
今日、英国HMV(CD、DVD販売会社)が事実上経営破綻したとうニュースが入ってきた。

先日は、GAP(アメリカ最大の衣料品小売店)が北米で大領閉店を決め、数百店規模で閉鎖をするという。これらは全て、販売チャネルがネットに変わったことが主な要因だ。今年は平成最後になるが、平成はITがインフラ化した時代と言える。そして、それは余りにも急速で劇的である。

その中ですごい存在感を出しているのが富士フィルムである。カメラがフィルムからデジタルに急激に移行した際に、自社の持つ基盤技術を他の分野に生かし、再生医療や化粧品、サプリメントなどを販売していることは、周知の通りである。これに対しアメリカのコダックフィルはすでにこの世にない。この差については様々なところで論じられているが、分かったような評論をするつもりはない。ただ言えることは、「言うは易く、行うは難しである」。

繰り返しになるが、ネット、WEB、ITはすでにインフラ、つまり当たり前になっている。先日のブログで書いた通り、すでに今の新入社員世代はデジタルが当たり前の世代である。そして大切なのは、この時代の大きな変化は自分の身の回りで今現実に起きているという認識である。

なので、常に緊張感と危機感と柔軟性を持たなくてはと、改めの思うのである。
2018.12.29 20:52 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -