素戻り人
2019.05.07
今日は武蔵野様の経営計画発表会に参加をした。

毎回恒例であるが、二部の懇親会の最後の挨拶は専務の矢島さんである。矢島さんは環境整備の伝道師でもあり、いつも心にグサッと刺さる真理の言葉を投げかけることで有名である。今回の矢島さんの挨拶もドストライクの直球であったが、それは「素戻ったということは、最初から学んでいなかったことと同じである」であった・・・。「うーん」とうなってしまう言葉である。

では素戻らないようにするにはどうしたらよいか。最も簡単なことは、日々のチェックリストを活用することである。これはプリマベーラの吉川社長の言う「行動計画表」である。私も毎朝「行動計画表」を見て毎日の欠かしてはいけないことをチェックしている。

そこに、この連休を利用した作った「人生計画書」をさらに活用すると良いと思い、実践を始めた。会社に経営計画書があるのであれば、個人には人生計画書があってよい。まだ確立したものではないが、「心得」的な感じでとりあえず形を作った。そして原理原則という項目の中で「今ある結果は自分の選択の結果である」など、心に響いた格言を書いておき、毎日見直す。

これが進化していけば、「巣戻り人」になりにくくなるのではないか・・・と実験を始めたところである。そして成果が見られれば、社員にも広めていきたいと考えている。

2019.05.07 21:09 | 固定リンク | 社長のつぶやき
ドナルド・トランプ
2019.05.06
ドナルド・トランプは今のアメリカの大統領であることは周知の通りである。

そのトランプがまだ大統領になる前に「でっかく考えて、でっかく儲けろ」(徳間出版)とう本を出していた。いつ買ったのか忘れたがどうも、BOOK・OFFで950円で買っていたようだ。初版で2008年7月31日となっているので、今から11年前である。1度目を通した覚えはあるのだが、ほとんど頭に入っていない。そこでこの連休を利用して読み返してみた。

周りから見るとトランプは破天荒な大統領であるが、この本の中で語っていることは実に頷けることが多い。例えば、
・仕事を選ぶ際に、いちばん重要なのは、何をすれば自分が楽しめるかということだ。
・成功を望むなら、(中略)絶対に、絶対にあきらめてはならない。
・夢想家よりも実行者に。
などである。

あまりにも理想が高く、あまりにも情熱的なため周囲からは異端と思われがちであるが、不動産王で大富豪である彼が結局大統領というある意味世界のトップに上り詰めていることを考えると、その成功手法と考え方から学ぶことは多い。しかもこの本が出版される前にほぼ破産状態になり、そこから這い上がった実績を考えると並大抵ではないことがわかる。

彼は今、ビジネスの世界とは真逆の官僚との戦いに挑んでいるともいえる。嫌われることを厭わない彼がどのような実績を残すのか、この本を読むと期待をしてしまうのである。

2019.05.06 20:56 | 固定リンク | 社長のつぶやき
床面照明フレーム
2019.05.05
日曜日はアートシーン。

こちらは新高岡駅の駅前広場で見かけた床面照明のフレームである。
高岡にゆかりのあるモチーフがデザインされているのであろう。高岡も鋳物の街。やはり単純なステンレスのフレームでは面白みがないということで、このようなデザインをあしらったのであろう。

この床面照明フレームの面白さは、デザインが数種類あり「あ、こんなデザインも、あんなデザインも」と見付けるのが楽しくなることである。そしてそれほど大きな物ではないので、コストパフォーマンスもよく、特長も出せる。この程度の予算は難なく捻出できるはずなので、街を楽しくするアイテムとして様々なところで採用してほしいと思う。

ただ残念なのは、新高岡駅の乗降客がそれほど多くなく、あまり人目に触れていないということである。人の集まるところであれば間違いなくアイキャッチになる。例えば番号を付けたプレートを置くだけで待ち合わせ場所になったりする。「キュポラ広場(川口駅東口駅前広場の名前)の3番プレートで待ち合わせね」なんていったら面白いな・・・と思うのである。



2019.05.05 22:00 | 固定リンク | アートシーン

- CafeNote -