臨時託児所
2020.03.15
新型コロナウイルスが猛威を奮っている。いつどのような形で終息していくのか、まだ全くわからない状態だ。日本では2週間ほど前から学校が休校となっているのはご承知の通り。

さて、そんな中、モリチュウでも日頃から頑張ってくれている派遣社員Mさんの息子さんが小学生ということで、会社に来ることができなくなる可能性が出てきた。知合いなどに預けることができれば会社に来ることができるが、毎日と言うわけにもいかず困っていた。会社の方針としては、家族優先、お子様優先という方針を打ち出したが、本人曰く、「家族優先という社長の方針はありがたいが、収入も減るのは正直痛い・・・」ということであった。そんな時、うちの社員が何気なく「じゃあ、お子さん、会社連れてきちゃえば」と言ったらしい。実は私もそれが可能であればその方がいいと考えていた。ということで、お子様連れでの出社をOKとした。仕事に影響が出るかなぁと考えていたところ、他の社員からも全く問題ないとのこと(もちろん、その子がとても良い子だからということもあるが)。やってみるもんだなぁと正直感じた。

環境が変わると自社も様々な変化をしなくてはいけないが、今回お子様と一緒の出社というテストケースができたと考えると、とても良い機会となった。正式に託児所としての機能を持たせるにはいろいろと許認可など大変なのかもしれないが、自己責任の範囲という約束が出来れば、目の届くところにお子様がいての仕事もOKである。そういう意味で、今後の働き方の多様化という社会的な動きに対して一歩踏み出せたと感じている。

そして、モリチュウに「やってみてから考えよう」という文化があってよかったと思う出来事であった。
2020.03.15 20:19 | 固定リンク | 社長のつぶやき
野地さん
2020.03.02
今日は、長年モリチュウに勤めてくれた職人さんのお通夜だった。

余りにも急なことで、私たちもびっくりしたが、1番びっくりしたのは本人ではないだろうか。

東北出身の野地さんは、いつもニコニコでなつっこい。東北弁て繰り出すダジャレは、時に笑えなかったり、難解なこともあったが、それを含めて笑いを振りまいていた。

そしてとにかく働き者。朝早く来て仕事の段取りをする。「納期は絶対に守る」という姿勢は、柔和な日常からは想像できない執念を内に秘めていたのだろう。それは責任感と仕事に対する誇りに他ならない。

環境整備点検(月1回、環境整備ができているかを確認するための行事)の時、本人が病院のためお休みの時も、わざわざ準備のためだけに朝来てくれたりしていた。

経営計画発表会(年に一回、経営計画を発表する行事)の懇親会では、はにかみながら手品やどじょうすくいを披露してくれたりした。

モリチュウの経営の舵を大きく切る際に、年齢的に大きな環境の変化を受け入れるのは相当大変だったと思うが、理解してついて来てくれた。だから、今のモリチュウがある。

このような、慕われる性格だから、多くの社員が見送りに足を運んでくれた。やっぱり笑顔と一生懸命さは人を惹きつけるんだなぁ。「スマイル0円」なんてあるけど、本当はこれは'Priceless'。

野地さん、長い間ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。ゆっくり休んでくださいね。
2020.03.02 06:52 | 固定リンク | 社長のつぶやき
売上を逃さない仕組み
2020.02.10
先日靴を購入した。いわゆるビジネス用の革靴と普段履くデッキシューズ。

あるお店(ビジネスシューズ):
森:「これほしいのですが、26cmありますか」
店員さん:「承知しました。少々お待ちください(在庫を調べにいく)。(5分ほどして)申し訳ありません。生憎在庫を切らしております。お調べをしてご連絡をさせていただきます。」
森:「分かりました。ではお願いします。ちなみにお支払いは・・・?」
店員さん:「もし在庫がなかった場合後の処理が大変なので、お買い上げをいただいたときで結構です」。
森:(オレ別の店で買っちゃうかもしれないよ・・・)

別のお店(デッキシューズ):
森:「これがほしいのですが、26cmありますか」。
店員さん:「承知しました、少々お待ちください(スマホでシューズについているQRコードを読み込み、念のため現物の在庫を確認・・・3分ほどして)申し訳ありません。生憎在庫をきらしております。ただ、他店にありますので、そちらから取り寄せが可能です。2日後にはこちらに来ますが、御来店されますか、それとも直接お送り致しましょうか?」
森:「送ってくれるのであればその方が助かるのですが・・・」
店員さん:「では、そういたします。あっ送料は無料ですので。ではお会計はこちらでお願いします」。

後者はお気づきの方もいるかもしれないがABCマートである。

その場のチャンスを逃さず、売上をあげる靴屋さん。
その場のチャンスを生かさず、売上の機会を逃す靴屋さん。
専門店の常識、百貨店の常識。
在庫管理の差・・・環境整備と社員教育と仕組みの差。

学ぶことは多い
2020.02.10 19:18 | 固定リンク | 社長のつぶやき

- CafeNote -