課題解決の切り札、
ステンレス鋳物のプロ。

異物混入防止策、製造工程のスピードアップ、品質向上、コスト改善といった厨房機器・食品機械製造における
さまざまな課題を解決に導く、確かな切り札。それが、モリチュウのステンレス鋳物のプロです。
約80年にわたり鋳物を作り続ける「3つの強み」で課題をスマートに解決し、貴社のさらなる発展・成長に貢献します。

Material素材

ステンレス

錆びに強く、清潔感のある素材です。耐熱性や強度にも優れています。
ステンレス鋳物のプロでは、この特性を活かした課題解決に取り組んでいます。

ステンレス ステンレス

お客様の課題に合わせて、適材適所のステンレス素材をご提案致します。

SCS13

オーステナイト系ステンレス鋳鋼の中で最も一般的な18-8ステンレスの鋳鋼材で、SUS304に相当します。幅広い分野、たとえばバルブ、ポンプ、機械各種、産業機械やそれらの部品、食品設備、一般化学設備、原子力用等広範な領域で使われています。硝酸、リン酸や有機酸に対しては耐食性をもつ鋼種ですが、硫酸に対する抵抗性が低い点には注意です。いわゆる耐酸鋼ともいえます。

成分 C Si Mn P S Ni Cr Mo Cu その他 耐力
N/mm2
引張強さ
N/mm2
伸び
硬度
HB
比重
重量
%
0.08
以下
2.00
以下
2.00
以下
0.040
以下
0.040
以下
8.00
から
11.00
18.00
から
21.00
185
以上
440
以上
30
以上
183
以下
7.98
前後

SCS14

オーステナイト系ステンレス鋳鋼の中で耐食性を上げたステンレス鋳鋼材で、SUS316相当します。SUS304よりも海水や各種媒質に耐食性があることが知られる鋼種です。耐食性のなかでも、孔食に強い耐孔食を持つ材料であるため、バルブやポンプなどでも海水や酸に対する強度が必要な際に検討されることがあります。

成分 C Si Mn P S Ni Cr Mo Cu その他 耐力
N/mm2
引張強さ
N/mm2
伸び
硬度
HB
比重
重量
%
0.08
以下
2.00
以下
2.00
以下
0.040
以下
0.040
以下
10.00
から
14.00
17.00
から
20.00
2.00
から
3.00
185
以上
440
以上
28
以上
183
以下
7.98
前後

SCH13

オーステナイト系ステンレス鋳鋼の中で耐熱性を上げたステンレス鋳鋼材で、SUS309に相当します。熱膨張係数(線膨張係数)は、0から100℃の場合で14.9(10-6deg-1)、0から650℃の場合で18.0(10-6deg-1)とされます。

成分 C Si Mn P S Ni Cr Mo Cu その他 耐力
N/mm2
引張強さ
N/mm2
伸び
硬度
HB
比重
重量
%
0.20
から
0.50
2.00
以下
2.00
以下
0.040
以下
0.040
以下
11.00
から
14.00
24.00
から
28.00
235
以上
490
以上
8
以上
7.98
前後

Production method製造方法

鋳造(ロストワックス鋳造)

溶けた金属を型に流し込んで成形する鋳造は「造型性※」に優れています。
特にロストワックス鋳造は精密鋳造と呼ばれており、肌がきれいに仕上がり、かつ複雑な形状を薄肉化で製作することが可能です。

※造型性=自由な形の作りやすさ

ステンレスロストワックス鋳造を詳しく見る

Strengths3つの強み

Problem solving解決できる課題

取扱い製品例

これまでの実績の一部をご紹介します。それぞれがロストワックス鋳造ならではの複雑一体形状となっています。接続部分などは旋盤やフライス加工を行い精度高く製造しております。
(一部お客様の都合により、全体写真の掲載をしておりません)

製造実績を見る

その他の製品例

お客様の課題に合わせた、さまざまな製品例を取りそろえております。
課題とその解決に向けて、個別にお問い合わせください。