回転用部品①

作業工数削減、試作コスト削減、錆・剥離の廃除

水や洗浄剤がかかる場所で使われる部品のため、錆のリスクがありました。それほど目に触れる部分ではないため鋳鉄素材を加工し、クロムメッキで使用をしていますが、より厳格化するマーケットニーズをとらえステンレス製を模索していました。試作にあたっては、3Dにて蝋型原型を作り行いました。

お客様の声

「ステンレスにすれば安心感はありますね。また、素材~加工~メッキという工程を踏まずに済むので、管理が楽ですよね。型をすくらずに現物イメージを確認できるのは助かります。強度の確認も出来ますしね」(現在継続中)